賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

札幌市豊平区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

豊平区の賃貸物件検索

札幌市豊平区はどんな街?

札幌市豊平区

全国のご当地へ

札幌市豊平区のタウン情報

札幌市の東寄りの場所に位置し、北部は札幌市街地に隣接した住宅街が広がり、南部は緑豊かな丘陵地となっています。

区内には望月寒川・月寒川・吉田川といった河川が多く流れ、水辺を身近に感じ取ることができます。

主に住宅地として利用されていますが、北部の豊平地区は近代的なホテルが建ち並んでいたり、明治時代からの寺社が幾つか残っていたりするなど、新旧相まった独特の雰囲気を持っています。

東部にはプロ野球やサッカーなど多目的に使われる札幌ドームがあります。

この施設は、天然芝と人工芝を入れ替えることができる、日本でも珍しいドーム施設です。

また、区内には豊平公園、月寒公園、西岡公園、天神山緑地といった自然とふれあえる施設が多くあり、四季を通じて大勢の利用客が訪れます。

豊平区

区の位置

豊平区の位置
都市イメージ

歴史

1857年に札幌から千歳・勇払までの道路が作られた際、この地に休憩所や宿などが置かれたことから、発展が始まりました。

明治時代に入って開拓使が設置されると入植者が増え、1872年に平岸村と月寒村が、1874年に豊平村が誕生しました。

1902年、3つの村が合併して豊平村となり、のちに豊平町となって、1910年に札幌区に編入しました。

大正時代に入ると、徐々に都市化が進んでいきます。

まず1913年に月寒地区から札幌の中心部まで客馬車が走り始め、1918年には定山渓鉄道が開通、室蘭街道沿いを中心に交通の要衝として賑わいました。

1972年に札幌市が政令指定都市に移行したことで豊平区が誕生しました。

1996年には区の人口が30万人を突破するなど人口も増加し、翌1997年には清田区が豊平区から分区し、現在の区域に定まりました。

上場企業

日糧製パン(株)

豊平区の不動産情報

豊平区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

豊平区役所の周辺地図

読み込み中・・・

北海道のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ