賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

札幌市清田区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

清田区の賃貸物件検索

札幌市清田区はどんな街?

札幌市清田区

全国のご当地へ

札幌市清田区のタウン情報

札幌市の南東部に位置し、北広島市、恵庭市に隣接しています。

東西5.5km、南北15.2kmと、細長い形をしています。

区域は樽前山、恵庭岳などの噴火によってできた月寒台地の一部で、区の3分の2を丘陵地と山林が占める程、自然環境の豊かなエリアです。

特に、区の南西部に位置する標高321mの白旗山は市内最大の市有林を持ち、清田区のシンボル的な存在として親しまれています。

ここでは、競技場やサッカーグランド、ふれあいの森などの巨大施設が整備されている他、風光明媚な自然観賞スポットとしても人気を集めています。

一方、北側の市街地では、国道36号線が区を横断する形で通っており、札幌市の東の玄関口としての役割を担っています。

緑地、公園といった住宅地にふさわしい環境に富み、ゆとりのあるベッドタウンを形成しています。

清田区

区の位置

清田区の位置
都市イメージ

歴史

清田区の歴史は大きく2つに分かれています。

一方は中央に位置する国道36号線の沿線で、1857年に札幌と千歳・勇払を結ぶ札幌越新道として開通したことをきっかけに、人々の往来が活発化していきました。

1869年に宿泊施設が建てられてからは、札幌の東の玄関口として活況を呈すようになります。

さらに1891年、厚別川を利用した用水路が完成すると、大正時代にはリンゴ栽培・稲作・畑作・酪農が活発化していきました。

一方、区の中心部の発展は比較的遅く、1873年に開拓団の一員が入植したものの、集落が成立したのは1901年で、当時は稲作や畑作を中心とする農村でした。

1944年、この2つのエリアを清田と名付けられました。

これは、清らかな水田地帯という意味です。

1961年、札幌市と合併して都市化が進み、大型団地がいくつも建てられるようになります。

1930年には東山動植物園が開園し、市民の人気を集めるようになりました。

さらに1972年の政令指定都市への移行に伴い、高層マンションも建ち並ぶ住宅地へと変貌し、1997年に豊平区から分区して清田区が誕生しました。

観光名所・人気スポット

札幌北野キリスト教会
  • 札幌市観光協会

    札幌市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

上場企業

北海道コカ・コーラボトリング(株)

清田区の不動産情報

清田区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

清田区役所の周辺地図

読み込み中・・・

北海道のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ