賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

仙台市宮城野区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

宮城野区の賃貸物件検索

仙台市宮城野区はどんな街?

仙台市宮城野区

全国のご当地へ

仙台市宮城野区のタウン情報

宮城野区は、仙台市の北東部に位置し、北部の丘陵地帯には市民の憩いの場になっている県民の森や総合運動公園があります。

一方多賀城市との境界を流れる七北田川沿いの市街地域は、利府バイパスやJR東日本の東北本線の東仙台駅を中心に交通の便が良く、ここ数年で目覚しい発展を遂げています。

JR仙石線沿線も古くから商業地域として発展し、南北に走る仙台バイパスの苦竹インターチェンジ付近も区画整理事業などによって交通の便性が増し、住宅地や商業地区として発展しています。

都市基盤整備によって、国際貿易港の機能を持つ仙台港やスムーズな運輸に連動する宮城野貨物駅など流通関連業種の集積も進んでいます。

東北楽天ゴールデンイーグルスの本拠地である宮城野原公園総合運動場内の宮城球場も、経済効果が期待されています。

宮城野区

区の位置

宮城野区の位置
都市イメージ

歴史

8世紀頃、宮城野区の周辺は陸奥国の国府や多賀城へ続く道の交差地点に位置したため、陸奥国の交通の要衝として栄えました。

当時の岩切地区には多数の市場ができ、東北地方最大の商業地域として栄えていました。

隣接する岩切城は、南北朝時代から戦国時代末期まで留守氏の居城として知られ、東北地方南部を征服した伊達政宗が叔父の伊達政景を岩切城主としたこともありました。

江戸時代には仙台の城下町の一部で、その周辺地域は農村地帯だったようです。

また塩釜街道沿いに町並みが開かれた原町地区は芭蕉が辿ったと言われる歴史もあります。

このように貴重な歴史遺産は、「見て、聞いて、調べる地元学推進事業」のような活動を通して、現在も地域の人達によって守り継がれています。

宮城野区についての貴重な資料は、榴岡公園内の仙台市歴史民俗資料館に展示されています。

上場企業

(株)やまや

宮城野区の不動産情報

宮城野区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

宮城野区役所の周辺地図

読み込み中・・・

宮城県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ