賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

仙台市太白区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

太白区の賃貸物件検索

仙台市太白区はどんな街?

仙台市太白区

全国のご当地へ

仙台市太白区のタウン情報

太白区は、仙台市の南西部に位置し、名取川に沿って東西に長く帯状に広がっています。

西側の生出地域は太白山周辺の豊かな自然環境に恵まれ、上流部には秋保温泉や二口渓谷を有する秋保地域があります。

東側は平野部が広がり、JR南仙台駅周辺を中心に住宅地化が進んでいます。

名取川中流域の中田地域は、都市型農地が盛んで、丘陵地域には八木山等の大規模住宅団地が連なっています。

下流域は長町地区を中心とした副都心で、地下鉄やJR東北本線・国道4号が交差しています。

東北自動車道の仙台南インターチェンジは名取川と交差し、さらに東北自動車道から延びる仙台南部有料道路は仙台市内の中心部の長町インターチェンジへと延びていきます。

仙台空港にも近く地下鉄南北線などの交通の要衝として開発が進み、今後は都市圏南部の拠点として整備が進められていく計画もあります。

太白区

区の位置

太白区の位置
都市イメージ

歴史

約2万年前の自然環境や生活を伝える遺跡として富沢遺跡があります。

山間部から平地へと流れる名取川は、人々に豊かな恵みを長い間与えてくれました。

名取川下流域の四郎丸地区には、方形周溝墓群や集落跡も発見されています。

現在の太白区には、仙台市内にある旧石器時代から縄文時代にかけての遺跡が約3分の1あることから、この地区の歴史が古くから始まっていることを証明しています。

約1,300年前の奈良時代には、陸奥国府多賀城が築かれました。

名取川沿いの長町地区は、江戸時代に伊達綱村によって港の整備が進められ、大いに繁栄しました。

1,200年以上の歴史を誇る鹽竈神社は、海上安全や大漁、延命長寿の神として今でも人々の信仰を集めています。

この地区は、陸路の要衝としての歴史も古く、江戸時代に現在の太白区を通っていた奥州街道は、国道4号の起源となり、青森県三廐まで続いています。

今も当時の面影を伝える民家が、中田町内には残っています。

上場企業

株式会社ホットマン

太白区の不動産情報

太白区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

太白区役所の周辺地図

読み込み中・・・

宮城県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ