賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

秋田県のタウン情報/ご当地あれこれ検索

秋田県の賃貸物件検索

秋田県はどんな街?

秋田県

全国のご当地へ

秋田県のタウン情報

秋田県は西を日本海、東を白神山地によって囲まれた東北地方北西部の県であり、県庁所在地は秋田市です。

古くから農業、林業、漁業が盛んで、秋田杉は日本三大美林のひとつに数えられ、日本一を誇るのは杉の人工林の面積です。

また、最近では工場誘致も盛んに行なわれ、精密機器を始めとした多くの工場が秋田市郊外に林立しています。

秋田県

都道府県のシンボル

  • 県の花
    フキノトウ
  • 県の木
    アキタスギ
  • 県の鳥
    ヤマドリ

ご当地キャラ

ニャンパチ

ニャンパチ

八郎潟町におよそ300年前から踊り継がれる伝統芸能の「願人踊(がんにんおどり)」の手つき腰つきがネコの仕草に見えたことから生まれたキャラクターです。

誕 生 日:10月1日

出 身 地:秋田県八郎潟町

性格性別:好奇心旺盛で元気な男の子

トレードマーク:紫色の頭巾

アピールポイント:ふわふわな肉球

頑張っていること:願人踊

(がんにんおどり)

好  物:ワカサギ

(特に八郎湖で採れたもの)

歴史

県の旧国名

出羽(でわ)

古代、東北地方北部は大和朝廷に属していませんでしたが、8世紀頃に征服の拠点として出羽柵が現在の山形県辺りに設置されました。

やがて出羽柵が今の秋田県に移されて秋田城が築かれ、日本海沿岸地域の一大拠点となりますが、この頃に墾田の私有化が認められて豪族の勢力が拡大していき、やがて朝廷と豪族の間に争いが勃発します。

さらに、11世紀になると奥州藤原氏が平泉を治めて栄え、出羽国も江戸幕府誕生まで豪族の支配が続きました。

江戸時代に入ると、佐竹氏が久保田藩の初代藩主となり、藩政改革に取り組み、開墾を推進するなど農業の発展に貢献します。

そして明治になると、廃藩置県により秋田、本荘、矢島、亀田、岩崎に江刺県と角館郡を加えて、現在の秋田県が誕生しました。

県の有名人(出身者)

小林多喜二(歴史上の人物)、夏井昇吉(柔道家) 等

農業・水産業

秋田県の農業・水産業

昔から農業県として知られ、ブランド米「あきたこまち」をはじめ、国内有数の米どころでもあります。近年の農業産出額は全国の都道府県中で平均近くにまで下がっているものの、山手の横手盆地や海手の能代平野、秋田平野などで盛んに行なわれ、農地面積の9割近くが米の生産です。農業産出額では米が60%以上、続いて畜産、野菜、果実、花などが多くなっています。

山本郡三種町にある湖泥が主な産地の「じゅんさい」は秋田県の名産品である他、ホウキ草の種実を加工した「とんぶり」も大館市を中心に栽培され、収穫量は国内一です。とんぶりは黒色でプチプチとした食感があることから「畑のキャビア」と呼ばれ、1950年(昭和25年)頃から食用として販売されています。

畜産業では、江戸時代から伝わる「比内鶏」を原種に1973年(昭和48年)から研究開発が進められ、今では食用のブランド肉「秋田比内地鶏」が全国に名を知られるようになりました。

海岸線が長い割には、天然の良港に恵まれず、漁業全体はあまり盛んではありません。しかし、「はたはた」の漁獲量は国内随一となっています。1976年(昭和51年)以降にはたはたの漁獲量が一時激減しましたが、1992年(平成4年)から3年間の禁漁や稚魚の放流などに取り組んだ結果、漁獲量は回復してきました。

工業・産業

秋田県の工業・産業

江戸時代から銀や銅などを産出し、その後石油、天然ガス、木材などの資源も産出されたことから、都市圏への豊富な鉱物資源を供給することで、日本経済の発展に貢献。しかし、資源の枯渇や国内外の他地域との競争が激しくなるにつれ、これらの作業が衰退していきました。

1966年(昭和41年)になると、秋田市が「新産業都市」に指定され、秋田湾周辺で工業化が進み始めます。1984年(昭和59年)から約14年間にかけては秋田県が国の「テクノポリス計画」の指定地域に選ばれ、IC(集積回路)などの大手企業の工場誘致に成功しました。高速道路など都市部へのアクセス環境を整えたことも功を奏し、電子部品工場の進出が相次ぎ、近年、秋田県の工業生産額は電子部品が1位となっています。

古くからある産業で健在なのは、県面積の約75%を占める森林を活かした林業です。美林として知られる「秋田すぎ」の林は米代川の流域に多くあり、木材を集めやすい能代市は、特に木工業が盛んです。また、米どころであるだけに、米を原料とする酒を造る産業も伝統的に行なわれ、米の名産地でもある横手盆地に酒造工場が多く集まっています。

さらに、温泉地やスキー場の多さを生かし、観光業にも力が入れられており、1997年(平成9年)に秋田新幹線が開通したことも観光業の追い風となりました。

特産品・伝統工芸

【特産品】
米、リンゴ、はたはた、秋田杉、桶樽、きりたんぽ鍋
【伝統工芸】
川連漆器、樺細工、秋田杉桶樽、大館曲げわっぱ

上場企業

(株)秋田銀行

秋田県の不動産情報

秋田県のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

秋田県庁の周辺地図

読み込み中・・・
ページトップへ