賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

米沢市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

米沢市の賃貸物件検索

米沢市はどんな街?

米沢市

全国のご当地へ

米沢市のタウン情報

米沢市は、山形県の最南端に位置する市です。

吾妻連峰の裾野から広がる米沢盆地にあり、福島県と県境を接しています。

古くは置賜地域と呼ばれ、行政、産業、教育・文化などの幅広い面で、中心的な機能を有する都市として歩んできました。

夏は暑く、冬は寒い盆地特有の気候から、四季折々の情緒を肌で感じることができます。

古くから温泉街が発展しており、中でも白布温泉は古くから湯治場として愛されています。

奥州三高湯のひとつと言われ、趣深い雰囲気から観光客にも人気です。

豊かな自然環境で、夏山登山や4つのスキー場があり、手軽に楽しめるのも大きな魅力です。

江戸時代から繊維産業が盛んで、今も周辺地域と共に米沢織や米沢紬が生産されています。

特産品である館山りんご・米沢牛・米沢鯉は、ローマ字の頭文字を取って米沢のABCと呼ばれています。

鉄道は、JR奥羽本線とJR米坂線が走っており、山形新幹線が約1時間に1本運行されています。

東京〜米沢駅間は乗り換えなしで約2時間のため、ビジネスや観光にも大変便利です。

市内各所は市街地循環バスが結び、道路は国道13、121号が幹線道路となっています。

米沢市

市の位置

米沢市の位置
都市イメージ

歴史

市内に多くの縄文遺跡があることから、古代より人々が生活していたと考えられています。

矢来の一の坂遺跡には長大な竪穴式住居跡が発見され、古志田東の豪族屋敷跡は、国指定史跡となっています。

712年(和銅5年)に出羽国となり、陸奥国と並ぶ辺境の国として領域を伸ばしました。

鎌倉時代には、置賜地方を領した地頭・長井氏が米沢に本拠を置き、その後は伊達氏が置賜を領し、米沢城下が整備されました。

江戸時代には、上杉景勝が越後から会津を経て米沢に入封、重臣・直江兼続の指揮で城下が拡張され、現在の米沢市街の基盤が築かれました。

以後、米沢は上杉氏の城下町として発展し、明治維新を迎えます。

県統合や廃藩置県が行なわれたのち、米沢は置賜県の県庁所在地となりますが、1876年(明治19年)に山形県と合併。

1889年(明治22年)に米沢市となりました。

近年では「米沢上杉まつり」をはじめ、愛宕の火祭りや米沢牛肉まつりなど多彩な祭りに力を入れています。

市の有名人(出身者)

池田成彬(財界人)、我妻榮(民法学者)、伊東忠太(建築家)、福王寺法林(画家)、皆川睦雄(野球)、ますむらひろし(漫画家)、あき竹城(女優) 等

日本一

  • 袴地の生産量
  • 木地玩具(コマ等)の生産量
  • ウコギの垣根の総延長
  • 草木塔の数
  • 雪菜(食の世界遺産)
  • 人造絹糸発祥の地(帝人)

特産品・酒

米沢織、舘山りんご、米沢牛、米沢鯉、笹野一刀彫、相良人形、パソコン、ウコギ、窪田ナス、雪菜、米沢らーめん、米沢そば、小野川豆もやし/清酒、ワイン

米沢市の不動産情報

米沢市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

米沢市役所の周辺地図

読み込み中・・・

山形県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ