賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

古河市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

古河市の賃貸物件検索

古河市はどんな街?

古河市

全国のご当地へ

古河市のタウン情報

古河市は茨城県の最西に位置し、西は埼玉県、北は栃木県と隣接しています。

関東平野のほぼ中央にあり、市の全域が平坦な地形。

渡良瀬川をはじめとする豊かな自然と温暖な気候で暮らしやすく、農作物の生産にも適しています。

また、東京やさいたま市、宇都宮市までの距離が50〜60キロメートルと市街地の立地にも恵まれています。

人口は約14万4千人。

産業では主に農業が盛んで、カボチャ、ニンジン、ハクサイ、ニガウリなど野菜の他、バラやホオズキなどが名産です。

特にカボチャは、「みやこかぼちゃ」と呼ばれる古河市を代表する特産品で、その歴史は100年にわたって続いています。

交通機関は東京都千代田区から岩手県盛岡市までを結ぶJR宇都宮線(東北本線)がある他、国道4・125・354号、新4号国道などが市内を通っています。

また、東武日光線、東北自動車道も近くを走っています。

古河市

市の位置

古河市の位置
都市イメージ

歴史

『万葉集』に「まくらがの許我の渡り」と歌われ、奈良時代にはすでに渡良瀬川の渡し場として栄えていたことが分かります。

鎌倉時代の歴史書『吾妻鏡』には源頼朝に背いた志田義広の軍勢を下河辺氏が「古河・高野等渡」で打ち取ったと記されています。

古くから河川交通の要所、街道の宿場町として繁栄したこの地は、室町時代に古河公方足利氏の本拠地として古河御所が営まれ関東地域の政治の中心となりました。

江戸時代には古河藩の城下町として発展し、古河宿は多くの旅人で賑わったと言います。

明治以降はこの地で製糸業が興り、やがて「糸の町」と呼ばれる程の代表的な産業になりました。

古河市が誕生したのは1950年(昭和25年)。

2005年(平成17年)には、古河市と総和町、三和町が合併して今の市域になりました。

現在は恵まれた立地条件や観光資源などを活かしたまちづくりや、地域経済の活性化を目標に市政運営が行なわれています。

市の有名人(出身者)

足利成氏(古河公方)、土井利勝(大老)、鷹見泉石(蘭学者)、河鍋暁斎・奥原晴湖(画家)、永井路子・小林久三(作家)、渡辺徹(俳優)、仁志敏久(野球)、岡野玲子(漫画家)、樋口真嗣(映画監督)、綾部祐二(芸人)、山室光史(体操) 等

日本一

  • 日本唯一の篆刻美術館
  • 古河総合公園(約2,000本の花桃林・ユネスコのメリナ・メルクーリ国際賞受賞)
  • ラムサール条約登録の渡良瀬遊水地

特産品・酒

御家寳、ふな甘露煮、かぼちゃ、にんじん、サニーレタス、ブロッコリー、ほおずき、バラ、ニガウリ/清酒、どぶろく

上場企業

古河市の不動産情報

古河市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

古河市役所の周辺地図

読み込み中・・・

茨城県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ