賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

取手市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

取手市の賃貸物件検索

取手市はどんな街?

取手市

全国のご当地へ

取手市のタウン情報

取手市は茨城県の南端に位置する、人口約10万9千人の都市です。

つくばみらい市、龍ケ崎市、守谷市、利根町、千葉県我孫子市、柏市と隣接しており市域は利根川とその支流である小貝川に囲まれ、多くの緑にも恵まれています。

茨城県南部の玄関口であるだけでなく、東京、成田、つくばを結ぶ三角形のほぼ中央にあることから、利便性に優れたベッドタウンとしても機能しています。

水と緑に恵まれた取手市では酒造業が盛んで、市を代表する特産品にもなっています。

その他にも漬物や味噌、

ハーブやトマトなどの生産も活発で、土産物として人気があります。

鉄道は東京都荒川区から宮城県岩沼市までを結ぶJR常磐線、取手市から筑西市までを結ぶ関東鉄道常総線が通っています。

市内を巡るコミュニティバスなども運行されており、道路は国道6・294号が幹線道路になっています。

取手市

市の位置

取手市の位置
都市イメージ

歴史

取手市では縄文時代の物と考えられる遺跡などが数多く発見されており、この時代から人々はこの地で生活を営んでいたことが分かります。

平安時代には平家の勢力圏に置かれ、末期には下総国相馬郡と千葉郡の郡司になった千葉市が取手市を含む周辺一帯を治めました。

江戸時代に入ると、江戸と水戸城下を結ぶ水戸街道が開かれ、取手の地は宿場町として発展すると共に、仙台方面から江戸への利根川の利用による交通の要衝地になりました。

明治時代には廃藩置県によって市域は印旗県に属し、1873年(明治6年)には千葉県に、その2年後には茨城県に編入されました。

かつては取手町と呼ばれていた地域も、いくつかの合併を経て取手村となり、そして1970年(昭和45年)に取手市が誕生します。

高度経済成長を背景に進められた住宅開発はそのあとも続き、それに伴い都市整備にも力が注がれました。

2006年(平成17年)には藤代町と合併し新たなスタートを切った取手市。

現在は首都圏の近郊都市としての拡充を図るだけでなく、豊かな自然との共生を目指したまちづくりが進められています。

市の有名人(出身者)

武藤清(建築学者)、本多作左衛門重次(武将)、広瀬誠一郎(利根運河開削者)、高野素十(俳人)、永田春水(画家)、長塚智広(競輪) 等

観光名所・人気スポット

  • 取手市観光協会

    取手市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

漬物、味噌、煎餅、あられ、複写機、家具、カップ麺、米、トマト 、ハーブ/清酒、ビール

取手市の不動産情報

取手市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

取手市役所の周辺地図

読み込み中・・・

茨城県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ