賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

つくば市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

つくば市の賃貸物件検索

つくば市はどんな街?

つくば市

全国のご当地へ

つくば市のタウン情報

つくば市は茨城県の南西に位置し、水戸市と首都東京まで、それぞれ南西、北東に約50キロメートル。

成田空港東京までは北西に約40キロメートルの距離にあります。

市域の北部には関東を代表する名峰、筑波山をかまえ、東部には日本第2位の面積を誇る霞ヶ浦が広がっています。

つくば市は46の教育・研究機関と約300の民間の研究所を有する学術・研究都市ですが、河川近くなど、その周辺部には豊かな自然があり、農作物の生産が活発に行なわれています。

この地で生産されるコメや芝生、ブルーベリーは特に有名で、市を代表する特産物にもなっています。

鉄道では2005年(平成17年)につくばエクスプレスが開通し、東京へのアクセスが容易になりました。

JR常磐線の各駅から市内に向かうバスも多く運行されています。

道路では常磐自動車道や国道6・408号が幹線道路として利用されています。

つくば市

市の位置

つくば市の位置
都市イメージ

歴史

市内から縄文・弥生時代の遺跡が多数発見されていることから、つくば市の歴史は遥か古代にまでさかのぼります。

中世には、この地方で勢力を誇っていた小田氏が、小田城を居城に地域を支配。

小田城は南北朝時代には関東における南朝方の拠点として、大きな役割を果たしました。

しかし、南北朝の戦いでは南朝方は苦戦し、小田氏は北朝方に帰順します。

室町時代には小田原北条氏と同盟を結んだ小田氏ですが、その後、佐竹氏との合戦により敗北し、小田城を追われます。

江戸時代からは徳川家の支配となったつくばの地も、明治維新を経て政府の管轄となりました。

その後、廃藩置県により本市は新治県となり1875年(明治8年)には茨城県に編入されました。

つくば市が誕生したのは1987年(昭和62年)。

ちなみにその前年には、市域の筑波学研都市で科学万博が開催されています。

2012年(平成24年)市制25周年を迎えるつくば市は、大学や各研究機関との連携を密にしながら、高齢社会への対応や低炭素社会の構築を見据えたまちづくりを進めています。

市の有名人(出身者)

飯塚伊賀七(発明家)、男女ノ川登三(第34代横綱)、江戸英雄・飯塚哲哉(実業家) 等

日本一

  • 研究機関の集積(国などの研究機関の約3分の1が集積)
  • 芝の生産
  • つくば大万灯神輿

特産品・酒

芝(つくばグリーン)、コシヒカリ、ブルーベリー、梨、ねぎ、ほうき、手造り桶・樽、つくばコレクション(つくば市認証の物産品)/霧筑波、男女川

上場企業

(株)ライトオン

つくば市の不動産情報

つくば市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

つくば市役所の周辺地図

読み込み中・・・

茨城県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ