賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

守谷市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

守谷市の賃貸物件検索

守谷市はどんな街?

守谷市

全国のご当地へ

守谷市のタウン情報

守谷市は茨城県の南端に位置し、北は常総市とつくばみらい市、東は取手市、西は千葉県野田市、南は千葉県柏市と隣接しています。

利根川とその支流の鬼怒川・小貝川が流れる水と緑の豊かなまちです。

近年は首都圏の近郊住宅地域としてニュータウン化が進み、自然と調和したベッドタウンという色合いが濃くなっています。

市の人口も都市開発が進み出した頃から増加し、現在は約6万3千人となっています。

市内では農業が盛んで、こめやねぎ、ほうれんそう、えだまめなどを中心に生産されています。

しかし、都市開発による農地の減少や、農業を取り巻く情勢の変化によって年々農家数は減少しています。

そこで守谷市では、新しい経営展開の発案や経営体の強化などを行ない、農業の振興に力を注いでいます。

交通は関東鉄道常総線と首都圏新都鉄道のつくばエクスプレスや、東京からのアクセスに便利な高速ばすが運行されています。

道路では国道6・294号が幹線道路となっています。

守谷市

市の位置

守谷市の位置
都市イメージ

歴史

「守谷」という地名の由来には諸説ありますが、そのひとつが、日本武尊がこの地を通ったとき、緑豊かな様子を見て「森なる哉」と賞賛したことから、「森哉(もりや)」になったというもの。

当時から守谷は豊かな自然環境であったと考えられます。

中世には人々が生活を営むようになり、土岐定政が1590年(天正18年)に守谷1万石の領主となり、森谷城を中心に城下町が形成されました。

この城下町は約90年に渡り繁栄しましたが、関宿藩久世氏が領主となったことで城下町でなくなり、周辺の農村集落と同じ環境になります。

ときは移り明治時代になると、廃藩置県によって本市は印旛、千葉県の管轄となり、1875年(明治8年)には茨城県の管轄下に置かれました。

そのあと、町村制度を受けて旧守谷町・高野村・大野村・大井沢村の1町3か村が発足。

都市整備の推進を受け、2002年(平成14年)にこれらの町村が合併し、森谷市が誕生しました。

現在、森谷市は誕生10周年にあり、第二次守谷市総合計画も開始されています。

そこでは質の高い居住環境を作ることや、市民参加の下で各種記念事業が計画されています。

市の有名人(出身者)

ベートーベン鈴木(作曲家)、齋藤優一郎(アニメ制作会社代表) 等

日本一

  • 『都市データパック2008年版』住みよさランキング総合1位
  • 『地域経済総覧2004年版』成長力総合1位
  • 守谷市立けやき台中学校女子ハンドボール部
  • 県立守谷高等学校女子剣道部

観光名所・人気スポット

  • 茨城県観光連盟

    茨城県観光連盟の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

ホウレンソウ、ネギ、いちご、そば、乳製品(守谷さんちの飲むヨーグルト、牛乳、明治ヨーグルトR-1など)、味噌、ハチミツ、米/麦酒(アサヒスーパードライ)

上場企業

守谷市の不動産情報

守谷市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

守谷市役所の周辺地図

読み込み中・・・

茨城県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ