賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

茨城県のタウン情報/ご当地あれこれ検索

茨城県の賃貸物件検索

茨城県はどんな街?

茨城県

全国のご当地へ

茨城県のタウン情報

茨城県は関東地方の北東に位置し、太平洋側に面し、かつては徳川御三家の水戸藩のお膝元でした。

県庁所在地は水戸市です。

福島県との県境となる北部は阿武隈山地の南端に当たり、南部は関東平野が広がっています。

なお、南部には日本第二の面積を誇る霞ヶ浦が広がり、最南端には利根川が県境に沿って流れるなど、水や緑の豊かな自然に囲まれた地域です。

また、鹿島臨海工業地帯や筑波研究学園都市の開発などでいち早く近代化が進み、現在は首都圏の一角を担っています。

茨城県

都道府県のシンボル

  • 県の花
    バラ
  • 県の木
    ウメ
  • 県の鳥
    ヒバリ

ご当地キャラ

ねば〜る君

ねば〜る君

納豆を世界中のみんなに好きになってもらうために、この世に生まれた納豆の妖精。それがねば〜る君!

両親:父は大豆、母は納豆菌。

性格:粘り強く努力家 落ち込みやすい

好きな人:お米ちゃん、なまたまごちゃん、親友ねぎしくん

特徴:こねればこねるほど味がでる

家:昔は藁の家に住んでいたが、今は白い

 発泡スチロール製に住んでいる

身長:最大710m!!

体重:710g

歴史

県の旧国名

下総(しもふさ)、常陸(ひたち)

現在の茨城県の辺りは、奈良時代、常陸(ひたち)国と中央政権と陸奥を結ぶ要衝でしたが、平将門の乱以降は平氏が支配していました。

その後、鎌倉時代になると結城氏や佐竹氏など地元武士団が勢力を強め、戦国末期に佐竹氏が統一するまで戦乱が続きます。

そして江戸時代になると、幕府はこの地を政治的重要な地と考え、水戸藩は徳川御三家のひとつとして幕政に関与。

幕末には藩を二分する党争が発生し、藩政が失墜した頃に明治維新を迎えました。

明治の廃藩置県では一部が千葉県に編入され、今の茨城県が誕生します。

県の有名人(出身者)

徳川光圀(歴史上の人物)、岡野功鈴木桂治関根忍瀧本誠塚田真希福見友子(柔道家)、片山晋呉、冨山聡、三塚優子(ゴルフ選手) 等

農業・水産業

茨城県の農業・水産業

温暖な気候の茨城県では広大な平地が広がり、その多くが農地として使用され、全国でも有数の農林水産物の産地となっています。森林が占める割合も大阪府に次いで全国で2番目に低く、農業に最適な土地が多いことも特徴です。かつて713年(和銅6年)に元明天皇が編纂させた『風土記』の中では、茨城県を"常世の国"(理想郷)と称しており、平地と山、海と湖を有する地として、昔から恵まれた環境であったことがうかがい知れます。

全国一の栽培面積と生産量を誇るメロンは、クインシーメロンやアンデスメロンを中心に様々な品種を栽培。弥生時代の遺跡からはメロンの種子が発見されていることから、メロン栽培が古くから行なわれていたと考えられています。野菜においては、レンコンと白菜の生産量が日本一で、レンコンは南部の霞ケ浦周辺、白菜は西部で栽培され、冬季は、全国から東京の市場に出荷される白菜のうち、約9割が茨城県産です。他にも、サツマイモやレタス、水菜、チンゲンサイ、梨、スイカなどがあり、栽培する野菜や果物の数が多いことも特徴のひとつです。

茨城県の東側は太平洋に面しており、その海岸線には20以上の漁港が点在。主に、ワカサギやアユ、シジミ、ハマグリなどが収穫され、特にワカサギとシジミは全国で3位以内の漁獲量を誇っています。

工業・産業

茨城県の工業・産業

茨城県の工業を語る上で欠かせないのが、「鹿島臨海工業地帯」です。鹿嶋市の鹿島港を中心に、鹿嶋市と神栖市一帯に広がる工業地帯で、鉄鋼や石油化学など150以上の企業が集結しています。

始まりは1960年(昭和35年)、茨城県が作成した「鹿島灘沿岸地域総合開発の構想」。東京まで80kmという流通的な距離の近さ、霞ケ浦の豊富な水資源、3,300万u以上の広大な用地という、工業立地に必要なメリットが鹿島灘沿岸地域にはありました。その後、大型船舶の掘込式港湾建設がはじまり、コンビナート立地のために工業用地を整備。エリアごとに鉄鋼、鉄鋼の二次加工、石油化学の工業団地を立地し、大規模な工業地帯を形成していきました。

観光資源としては、江戸時代から焼かれている笠間市の伝統工芸品「笠間焼」で、細かい粒子の粘土を使うことで粘りが出て非常に丈夫です。その技術の高さから日本全国より陶芸家を目指す若手作家が集まり、伝統と新しい発想が融合した笠間焼が進化し続けています。工房も多いですが、手びねり体験やろくろ体験など、陶芸体験スポットも多く、"芸術の町"と呼ばれ、観光客も増えています。

同じく伝統工芸として有名なのが、結城市の「結城紬」。着物の産地でもある結城市で、真綿から手で糸を紡ぎ手織りで作られる絹織物です。軽量で保温性が高いのが特徴で、その高品質な製品を生み出す製造工程は、「ユネスコの無形文化遺産」に登録される程。後世に残したい伝統的な産業と言えます。

特産品・伝統工芸

【特産品】
納豆、レンコン、常陸牛、梵鐘、ベッ甲細工、線香、あやめ笠

スポーツ

県のJリーグ加盟クラブ

鹿島アントラーズ水戸ホーリーホック

スポーツイメージ

県の全国高校野球優勝校

【春大会】
常総学院高等学校
【夏大会】
取手第二高等学校、常総学院高等学校

上場企業

(株)ケーズホールディングス

茨城県の不動産情報

茨城県のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

茨城県庁の周辺地図

読み込み中・・・
ページトップへ