賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

栃木市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

栃木市の賃貸物件検索

栃木市はどんな街?

栃木市

全国のご当地へ

栃木市のタウン情報

栃木市は栃木県の最南端、東京からは約1時間圏内の距離にあります。

茨城、栃木、群馬、埼玉の4県の境に位置し、栃木県では壬生町、小山市、岩船町、佐野市、鹿沼市などと接しています。

市の西部には三毳山や太平山がそびえ、南部には渡良瀬遊水地が広がっています。

また北部から東部にかけては関東平野に連なる平坦地が形成され、県内有数の農業地帯になっています。

この農業地帯では、米や麦をはじめ野菜、イチゴ、ブドウなど多くの作物が生産されています。

市の産業は農業以外に、みそ、漬物、清酒、洋酒、食肉加工などの食品工業も盛んに行なわれており、市内には多数の企業の工場が立地しています。

栃木市の代表的な特産品と言えば渡良瀬遊水地のヨシ・スゲを利用した菅笠があります。

交通ではJR両毛線と東武日光線、東武宇都宮線の3線が走っています。

市内を巡る栃木市営バスも運行されており、道路では国道50、293号が通っている他、東北自動車道と北関東自動車道のICも有しています。

動車道と北関東自動車道のICも有しています。

栃木市

市の位置

栃木市の位置
都市イメージ

歴史

栃木市は全国でも有数の古墳地帯であることや、律令時代に国府が置かれたことからも分かるように、古くから下野国における要地でした。

当時から豊かな自然を誇り、美しい自然を歌枕にした句がいくつも残っています。

室町時代には地域は皆川氏の領するところとなり、皆川城の築城と共に本市は城下町として発展していきました。

しかし戦国時代に入ると、豊臣方派遣軍の侵攻に合い皆川城は落城します。

その後、栃木城を構築し、新たなまちづくりが行なわれます。

それが今日の栃木市の基盤となりました。

江戸時代以降は栃木城が落城したこともあり、まちは次第に商人の町へと変わっていきます。

市内には多くの工場やその下請け工場が立地し、工業が盛んになりました。

そして、1937年(昭和12年)に栃木市が誕生しました。

現在は観光振興や豊富な農作物などを活用した地域ぶらんどの活性化に力を入れたまちづくりを推進しています。

市の有名人(出身者)

山本有三(作家)、石塚倉子(女流歌人)、柴田トヨ(詩人)、綾川五郎次・栃木山守也(横綱)、飯塚国三郎(柔道)、渡辺俊介・寺内崇幸・澤村拓一(野球)、清水登之・刑部人(洋画家)、鈴木賢二(版画家)、田中一村(日本画家)、飯塚鳳斎・飯塚琅玕斎(竹工芸家)、山口智子(女優)、古川登志夫(声優)、渡辺孫一郎(数学者) 等

日本一

  • 江戸型人形山車
  • 喜多川歌麿の肉筆画「女達磨図」・「鍾馗図」・「三福神の相撲図」

特産品・酒

ビール麦、いちご、トマト、なす、たまご、大平かぼちゃ、宮ねぎ、ひめきゅうり、米粉クッキー、肉牛、ハム、味噌、漬物、石灰、線香、桐下駄、履物、かあちゃんまんじゅう/北冠、国光正宗、杉並木、こなら娘(芋焼酎)、洋酒

上場企業

滝沢ハム(株)

栃木市の不動産情報

栃木市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

栃木市役所の周辺地図

読み込み中・・・

栃木県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ