賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

下野市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

下野市の賃貸物件検索

下野市はどんな街?

下野市

全国のご当地へ

下野市のタウン情報

下野市は栃木県の中南部に位置し、東京都心までは約80キロメートル圏にあります。

市の北は県都宇都宮市、南は小山市、東は真岡市、西は栃木市と接しています。

東部には鬼怒川と田川が、また西部には思川と姿川が流れる平坦で安定した地勢です。

近年はJR宇都宮線の自治医大駅を中心にニュータウン化が進み、新市街地も拡がっています。

内陸性を帯びた温暖な気候も相まって農業が盛んで、穀類をはじめ、ホウレンソウやタマネギなどの露地野菜や、キュウリ、トマト、イチゴなどのハウス栽培が行なわれています。

その他の産業では、建築用木材加工、電気機械製造、プラスチック製造、食品加工といった製造業がありますが、将来的には首都圏にある立地条件を活かした物流拠点として発展が見込まれています。

交通はJR宇都宮線(東北本線)や国道4号線、新4号国道が市内を南北に走っています。

宇都宮線の快速を用いた場合、都心まで約70分で行くことができます。

下野市

市の位置

下野市の位置
都市イメージ

歴史

市内からは旧石器時代の人々が生活を営んだ遺跡が発見されており、築かれた古墳などから古代より有力な豪族が支配した地であることが分かります。

白鳳時代には下野薬師寺が建立され、日本三戒壇のひとつに数えられる戒壇も設置されました。

このことからも、当時下野の地が如何に重要であったかが分かります。

そのあとは下野国分寺・国分寺尼寺の建立に伴い、仏教文化の中心地として栄えました。

江戸時代には日光街道が開通したことで、小金井宿・石橋宿が形成され、宿場町として賑わいます。

繁栄の勢いは以降も留まることを知らず、やがて明治以降の国鉄整備に引き継がれ、人だけでなく物資の交流も盛んになりました。

そんな経緯の中2006年(平成18年)、平成の大合併において近隣の3町が合併し、下野市が誕生しました。

現在は、保健・医療・福祉さーびすの充実や駅周辺の都市基盤の整備などに取り組み、将来像に掲げる「思いやりと交流で創る新生文化都市」の実現を目指しています。

市の有名人(出身者)

佐藤功一(建築家)、ザ・たっち(タレント)、水樹涼子(作家) 等

日本一

  • かんぴょう生産量日本一

観光名所・人気スポット

孝謙天皇神社
  • 下野市観光協会

    下野市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

かんぴょう、ほうれんそう、ごぼう、いちご、きゅうり、かぶ、本場結城紬/下野之国五千石(清酒)

下野市の不動産情報

下野市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

下野市役所の周辺地図

読み込み中・・・

栃木県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ