賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

高崎市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

高崎市の賃貸物件検索

高崎市はどんな街?

高崎市

全国のご当地へ

高崎市のタウン情報

高崎市は群馬県の南部に位置し、南東部は関東平野の一部をなす平坦な地方、北西部は広陵地帯や緑豊かな山間地となっています。

北西部の榛名(はるな)火山を源にする烏川が、西部からくる碓氷川と途中で合流し、市域を流れています。

市の面積はおよそ459平方キロメートル。

産業は古くから商業が盛んで、「お江戸見たけりゃ高崎田町、紺ののれんがひらひらと」とうたわれた田町を中心に専門店や百貨店で賑わっています。

工業では織物、製粉、木工、板紙が在来産業として根付いており、食料品や電気機械器具、機械、化学工業などの近代工業も盛んです。

また、この地では古くから農家の副業としてだるま製造が行なわれ、現在も市の特産品になっています。

交通網は非常に充実しています。

電車ではJR上越新幹線をはじめ高崎線、上越線、信越本線、八高線、上信電鉄の上信線が、道路では関越自動車道や上信自動車道、国道17・18・254号などが走っています。

さらに、市内各所は路線バスによって結ばれています。

高崎市

市の位置

高崎市の位置
都市イメージ

歴史

高崎市周辺は、古来、上毛野一族の支配下にあったと考えられています。

大規模な遺跡が市域から多数発見されていることからも、その勢力の大きさが窺い知れます。

中世に移ると和田義盛の後裔とされる和田氏によって治められ、高崎の地は「和田宿」と呼ばれる交通の要衝として栄えました。

江戸時代には中山道と三国街道の宿場町として多くの人々で賑わい、経済や文化も発展していきます。

また、和田氏の衰退後は井伊氏の所領となり、新たに城下町も形成されました。

1884年(明治17年)には国鉄(現JR)高崎線が開通し、それを皮切りに両毛線や信越線なども通るようになります。

そして1900年(明治33年)、高崎市が誕生しました。

2009年(平成21年)には吉井市と合併し、現在の地勢となります。

そんな高崎市では、各産業の支援や新しいびじねすの創出、企業誘致に力を注いでいます。

雇用の拡大を図り、人々が多く集うまちになるよう様々なぷろじぇくとが展開されています。

市の有名人(出身者)

吉野秀雄・土屋文明(歌人)、福田赳夫・中曽根康弘・福田康夫(政治家)、金井美恵子(作家)、山田かまち(詩人)、BOOWY(歌手)、山口薫(画家)、清水善造(テニス) 等

日本一

  • だるま(生産量日本一)
  • 梅(生産量東日本一)
  • 白衣大観音
  • 群馬交響楽団
  • 多胡碑(日本三古碑)

特産品・酒

半導体、だるま、高崎ハム、うどん、梅、白菜、梨、ラスク、椎茸、ミョウガ/大盃

上場企業

(株)ヤマダ電機

高崎市の不動産情報

高崎市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

高崎市役所の周辺地図

読み込み中・・・

群馬県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ