賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

太田市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

太田市の賃貸物件検索

太田市はどんな街?

太田市

全国のご当地へ

太田市のタウン情報

太田市は群馬県の南東部に位置し、東京からは約86キロメートルの距離にあります。

市の東側は大泉町・邑楽町・栃木県足利市、西側は伊勢崎市、南側は埼玉県熊谷市及び深谷市、北側は桐生市・みどり市に接しています。

水と緑に恵まれたまちで、市域の南部には利根川、北部には渡良瀬川が流れ、中心部には市のシンボルでもある金山と、それに連なる八王子丘陵が広がっています。

大正時代に日本初の民間飛行機製造の中島飛行機会社が設立されたことを契機に工業が興り、以降、小型乗用車製造を中心にメリヤスや電気機械の製造が盛んになりました。

現在は、北関東を代表する工業都市としてその名が知られ、製造品出荷額も県下トップを誇っています。

市の特産品には、肥沃な土壌を活かして生産される地ビールや大和芋、紅小玉スイカなどもあります。

鉄道は東部鉄道の伊勢崎線・桐生線・小泉線の3路線が走っています。

道路では国道17・50・122号などが通っている他、北関東自動車道のICも設けられています。

太田市

市の位置

太田市の位置
都市イメージ

歴史

太田市は関東有数の古墳地域として有名で、確認されているだけでも800基以上の古墳が存在しています。

これは太田の地が古くから開けていたことを示唆しています。

古墳時代には毛野国の中心地となり、平安時代末期には新田一族の統治の下、周辺地域が開発されました。

ときは移り、江戸時代になると日光例幣使道の宿場町として賑わうようになります。

同時に商業も発展し、やがて宿場町から商業地へと推移していきました。

大正時代を迎えるまでは半農半商を生業とした太田の地ですが、中島飛行機会社が設立されてからは、そのあとの航空機産業や軍需産業の発展と共に、工業がめいん産業になっていきます。

そして、1948年(昭和23年)、群馬県で5番目の市として太田市が発足。

以降、合併を繰り返し、今日の地勢になりました。

現在の太田市は、教育文化の向上や福祉健康の増進、生活環境の整備に力を注ぐなど、住み良いまちづくりを推し進めています。

市の有名人(出身者)

新田義貞(武将)、高山彦九郎(江戸期尊王家)、中島知久平(中島飛行機設立)、斎藤佑樹(野球)、森田あゆみ(テニス) 等

日本一

  • 曹源寺
  • やまといも生産
  • 自治体単独によるメガソーラー発電所設置

特産品・酒

輸送機器、電気機器、ニット製品、いちご、やまといも、ねぎ、ほうれん草、ごぼう、紅小玉すいか、黒牛、焼まんじゅう、やきそば/群馬泉、かぜまかせ、利根鶴、太平記の里

上場企業

澤藤電機(株)

太田市の不動産情報

太田市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

太田市役所の周辺地図

読み込み中・・・

群馬県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ