賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

さいたま市中央区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

中央区の賃貸物件検索

さいたま市中央区はどんな街?

さいたま市中央区

全国のご当地へ

さいたま市中央区のタウン情報

中央区は、区域の大部分が関東ローム層で覆われた大宮台地上にあり、区の中央部を鴻沼川に沿って低地が広がっています。

また、さいたま新都心や西側の北与野駅周辺は、再開発ビルが立ち並んでいます。

一方、与野本町駅には蔵造り住宅など江戸の面影を残す景観が広がり、日本の古き良き時代を感じさせます。

また、西側にある彩の国さいたま芸術劇場では国際的な評価を得ているコンサートや舞台が催されており、芸術・文化創造の発信の地として多くの感動を提供しています。

鴻沼川・高沼用水路周辺や与野中央公園などは、区域全域が市街化されている中で、自然と触れあえる貴重な憩いの場です。

下水道などの都市基盤も整備されており、交通アクセスも良く住みやすい住環境が整っています。

中央区

区の位置

中央区の位置
都市イメージ

歴史

中央区は、旧与野市の市域にさいたま新都心西側地区の一部を加えた区域です。

与野の歴史は古く、縄文時代前期の貝塚とされる大戸貝塚や、正元二年銘の板石塔婆など遺跡も多く残っています。

現在の本町通りは、中世には鎌倉街道の主要な道であり、市場が開かれていました。

江戸時代には、天領・旗本領・寺社領からなり、羽根倉河岸などによる荒川の舟運があり、市場町、甲州街道と奥州街道を結ぶ脇街道の宿駅として栄えていました。

大正元年に、与野駅が開設され、昭和9年に国道17号が開通したことにより、住宅都市化が進んでいきました。

昭和44年には新大宮バイパスが横断し、昭和60年にはJR埼京線が開通したことにより、北与野・与野本町・南与野の3駅が開設しました。

平成12年にさいたま新都心の街開きが行なわれ、翌13年には浦和市・大宮市・与野市が合併しさいたま市が設置され、さらに平成15年に政令指定都市移行に伴い、9行政区のひとつとして中央区が誕生しました。

観光名所・人気スポット

円乗院
  • さいたま市観光協会

    さいたま市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

上場企業

(株)ゴルフ・ドゥ

中央区の不動産情報

中央区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

中央区役所の周辺地図

読み込み中・・・

埼玉県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ