賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

行田市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

行田市の賃貸物件検索

行田市はどんな街?

行田市

全国のご当地へ

行田市のタウン情報

行田市は、埼玉県の北部に位置し、利根川を挟んで群馬県と隣接しています。

県の名称にもなった埼玉(さきたま)古墳群をはじめ、城下町の面影を残す町並みなど多くの歴史的遺産に恵まれ、観光地としてのにぎわいも見せています。

古墳群は前方後円墳など珍しい古墳が多く、古代史の謎を解く貴重な資料も数多く出土しています。

利根川水系、荒川水系の支流や灌漑用水が市域全体に網の目状に走り、北部では農業用地が多く見られ、のどかな田園地帯が広がっています。

市の中央部を秩父鉄道が南北に横断し、沿線に住宅地が集まっています。

市街地は行田市駅を中心に形成されており、公共施設や商業施設が密集しています。

西端にはJR高崎線が走っていますが、市域にあるのは行田駅だけです。

道路は国道17号線と熊谷バイパス、国道125号線と行田バイパスの主要幹線が走り、重要な流通経路として県内各地と北関東地方を結んでいます。

行田市

市の位置

行田市の位置
都市イメージ

歴史

古代遺跡が数多く残っており、特に古墳時代の5〜7世紀には地域の豪族がこの地を支配していたことが窺えます。

奈良時代に編纂された万葉集の中には「さいたま」とこの地を詠んだ歌があり、当時の歌人にとっても名所だったようです。

鎌倉時代には武士が台頭し、南北朝時代には成田氏がこの地を支配するため忍城を築城しました。

戦国時代には上杉氏の配下から離反して北条氏についた成田氏ですが、石田三成によって降伏を余儀なくされ、以降は徳川家が支配するようになります。

江戸時代には忍藩の統制下に置かれました。

この頃に足袋づくりが盛んになり、明治を迎えると機械化によって生産量が増加しました。

足袋の倉庫となる蔵が多く建てられ、その姿を今でも見ることができます。

1889年(明治22年)の町村制施行で成田町・行田町・佐間村が合併して忍町が成立し、1937年(昭和12年)には長野村・持田村を編入しました。

1949年(昭和24年)に市制施行で行田市が誕生しました。

その後も周辺町村との編入合併を繰り返し、2006年(平成18年)北埼玉郡南河原村を編入して現在の市域になりました。

市の有名人(出身者)

林ョ三郎(法律家)、江草斧太郎(有斐閣創業者)、根本要(ミュージシャン)、矢内理絵子(女流棋士)、細川貂々(漫画家) 等

日本一

  • 足袋
  • 古代蓮
  • 日本最大の円墳「丸墓山」
  • 田んぼアート

観光名所・人気スポット

忍城
  • 行田市観光協会

    行田市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

足袋、スリッパ、被服、「フライ」、「ゼリーフライ」、奈良漬、行田在来青大豆/桝川、日本橋

上場企業

(株)ショーワ

行田市の不動産情報

行田市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

行田市役所の周辺地図

読み込み中・・・

埼玉県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ