賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

深谷市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

深谷市の賃貸物件検索

深谷市はどんな街?

深谷市

全国のご当地へ

深谷市のタウン情報

深谷市は、埼玉県の北西部に位置し、北部は利根川を挟んで群馬県と隣接しています。

南部には荒川が流れ、扇状台地を形成しています。

市域中央を横断するJR高崎線、南部を走る秩父鉄道が市民の交通手段となり、県の北部地域や東京都心を結んでいます。

道路網は旧中山道である国道17号線とそのバイパスを主要幹線とし、県道・市道が市内を網目状に整備されています。

南部には関越自動車道・花園ICがあり、国道140号線と接続して、深谷市の物流幹線として重要な役割を果たしています。

市街地は深谷駅を中心に形成され、公共施設や商業施設、住宅地が集まっています。

西部は緩やかな丘陵地では農業が盛んで、深谷ネギは日本一の生産量を誇ります。

深谷市

市の位置

深谷市の位置
都市イメージ

歴史

旧石器時代は人々が移住して生活を送り、縄文時代になると定住して暮らしていたとされています。

古墳時代には集落が形成され、古墳群もいくつか造られました。

また埴輪が焼かれた窯跡も発見されています。

平安時代末期には畠山氏、岡部氏などの武士団が現れ、各地にそれぞれ城館を築いて支配するようになります。

14世紀後半には関東管領である上杉氏が子息を送り込み、のちに深谷上杉氏として1456年(年)には深谷城を築きます。

その後深谷上杉氏は北条氏の傘下に入りますが、1590年(天正18年)に北条氏を滅ぼした豊臣秀吉によって深谷城は開城させられ、江戸時代には廃城となります。

徳川家康が街道を整備すると、中山道の深谷宿が置かれ、宿場町として新たな発展を迎えました。

窯業や養蚕なども盛んに行なわれ、市が開かれるなど、大勢の人がにぎわうようになりました。

明治に入ると、1887年(明治20年)、日本で最初の機械式煉瓦製造工場が建てられ、東京駅や迎賓館など明治期に建設された西洋建築に使われました。

1889年(明治22年)には町村制施行により深谷町が成立し、1955年(昭和30年)に深谷町・明戸村・幡羅村・大寄村・藤沢村が合併して市制を施行し、深谷市となりました。

2006年(平成18年)に深谷市・岡部町・川本町・花園町が合併し、新しい深谷市が誕生しました。

市の有名人(出身者)

渋沢栄一(資本主義の父)、生沢クノ(日本で2番目の女医)、北川千代(児童文学作家)、畠山重忠(鎌倉武士の勇)、ミムラ(女優) 等

日本一

  • ねぎ
  • ユリ

観光名所・人気スポット

深谷グリーンパーク
  • 深谷市観光協会

    深谷市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

深谷ねぎ、ブロッコリー、きゅうり、ほうれん草、とうもろこし、重忠米、深谷牛、煮ぼうとう、チューリップ、ユリ、シャコバサボテン、深谷瓦/菊泉・東白菊・金大星正宗(清酒)、ねぎらい(焼酎)

深谷市の不動産情報

深谷市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

深谷市役所の周辺地図

読み込み中・・・

埼玉県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ