賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

草加市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

草加市の賃貸物件検索

草加市はどんな街?

草加市

全国のご当地へ

草加市のタウン情報

草加市は、埼玉県の南東部に位置し、北端を綾瀬川が流れ、南端は毛長川を境に東京都足立区と隣接しています。

市域は南北に長く、中央部を東武伊勢崎線と国道4号線が並行するように走っています。

また北部には東京外環自動車道が走り、西端に草加ICが設置されているため、物流拠点としての役割が大きく、北東部には多くの物流施設をはじめ、工場群が建ち並んでいます。

東京都心部まで短時間で移動できることから住宅地としても人気が高く、東武伊勢崎線沿線を中心に住宅地が広がっています。

特に草加駅周辺は公共施設や大型商業施設が数多く集まり、市の中心部を形成しています。

伝統と歴史も多く残され、全国的に有名は草加せんべいをはじめ、浴衣や皮革など江戸時代の職人の技が今も受け継がれ、古き良き文化を伝えています。

草加市

市の位置

草加市の位置
都市イメージ

歴史

承久の乱が起こった1221年(承久3年)、この地を支配していた北条義時が、鶴岡八幡宮に寄進しました。

北条氏が豊臣秀吉に滅ぼされると、徳川家康が関東に入国し、この地を支配するようになります。

江戸時代までは農業が中心の村でしたが、江戸時代に入ると、市域一帯は幕府領や旗本領となり、日光街道の整備により草加宿が設置され、宿場町として発展しました。

松尾芭蕉が「奥の細道」を旅するときも、草加宿に立ち寄っています。

また草加せんべいも旅の保存食として江戸時代から製造が始まったとされています。

1889年(明治22年)、町村制施行で、草加町をはじめ1町5村になり、10年後の1899年(明治32年)には、東武鉄道が開通し、草加駅が開設しました。

1955年(昭和30年)に草加町・谷塚町・新田村が合併して、新しい草加町が誕生し、1958年(昭和33年)に市制施行で草加市となりました。

1962年(昭和37年)には大規模な住宅団地の松原団地が完成し、人口増加がさらに進みました。

市の有名人(出身者)

加藤凌平(体操)、加藤裕之(体操男子日本代表コーチ)、麦倉忠彦(彫刻)、豊田三郎(作家)、青島健太・小林宏之・増渕竜義・古川祐樹(野球)、三遊亭春馬(落語)、森尾由美・山口達也(タレント)、稲田法子(水泳)、本名陽子(声優)、麻生八咫・小八咫(活弁士) 等

日本一

  • 草加せんべい

観光名所・人気スポット

草加せんべいの庭
  • 埼玉県観光連盟

    埼玉県観光連盟の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

草加せんべい、皮革製品、枝豆、菊、小松菜

草加市の不動産情報

草加市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

草加市役所の周辺地図

読み込み中・・・

埼玉県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ