賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

越谷市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

越谷市の賃貸物件検索

越谷市はどんな街?

越谷市

全国のご当地へ

越谷市のタウン情報

越谷市は、埼玉県東南部に位置し、市の東端を中川、西端を綾瀬川、中央に元荒川など大小の河川と用水が流れ、水辺に恵まれた水郷の市です。

東西に横断するJR武蔵野線と南北に走る東武伊勢崎線が市の南部で交差し、東京都心部や県下近隣の市と接続しています。

道路では首都圏と北関東・東北地方を結ぶ国道4号線が縦貫している他、463号線が県の中心部に延びています。

アクセス至便のため、東京都のベッドタウンとして市域全体に住宅地が広がり、大規模商業施設なども多く立地しています。

雛人形、だるま、桐箪笥など江戸時代から始まった伝統工芸品が多く、雛人形は鴻巣市と並んで全国的に有名です。

越谷市

市の位置

越谷市の位置
都市イメージ

歴史

縄文時代後期までは海底にあり、その後沖積地となって古墳時代頃から人が住み始めました。

平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて武士団が登場して、新田開発が進められました。

この時期多くの寺院が開山しており、石の塔婆が多く建てられ、人々の信仰心の高さなど生活の一端が窺われます。

戦国時代を迎えると、北条氏の支配下に置かれますが、1590年(天正18年)に豊臣秀吉が北条氏を打ち破ると、徳川家康が関東に入国し、利根川や荒川などの河川改修や治水対策に取り組みました。

家康が江戸幕府を開くと奥州街道(日光街道)が整備され、越ヶ谷宿が設置されました。

街道筋には新しく民家や旅籠屋などが建てられるなど、次第ににぎわいを見せ、宿場町として発展していきました。

明治時代に入り1889年(明治22年)に町村制施行で2町8村に統合され、1954年(昭和29年)には、この2町8村が合併して越谷町が成立。

さらに1958年(昭和33年)に市制施行により越谷市が誕生しました。

この頃から人口が急増し、10年後には約2.5倍になって10万人を突破しました。

設備の拡充やインフラ整備により、時代が平成に移っても人口増加が続き、2003年(平成15年)には特例市に移行しました。

市の有名人(出身者)

越谷吾山(方言学の祖)、斎藤豊作(画家)、関根祥六(能楽師)、広池浩司(野球)、菊池光将・島村毅(サッカー)、森本健成(アナウンサー)、益若つばさ・かとうれいこ(タレント)、ATSUSHI(佐藤篤志・歌手)、星奈津美(競泳)、足立夢実(水泳・シンクロ) 等

日本一

  • 浄山寺の大鰐口
  • 国民健康保険発祥の地
  • 胃がん集団検診(昭和36年)
  • 子宮がん集団検診(昭和37年)

特産品・酒

張子だるま、ひな人形、せんべい、桐箱、桐たんす、太郎兵衛もち、ねぎ、くわい、小松菜、山東菜、枝豆、チューリップ、鴨ネギ鍋/越ヶ谷宿(酒)

上場企業

(株)篠崎屋

越谷市の不動産情報

越谷市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

越谷市役所の周辺地図

読み込み中・・・

埼玉県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ