賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

ふじみ野市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

ふじみ野市の賃貸物件検索

ふじみ野市はどんな街?

ふじみ野市

全国のご当地へ

ふじみ野市のタウン情報

ふじみ野市は、埼玉県の南東部にあり、武蔵野台地の北端に位置します。

東京都心部と近距離にあるため、昭和30年代半ばから宅地開発が始まり、東京のベッドタウンとなっています。

北部には工業団地もあり、ふじみ野市の経済を支えています。

市域の中央を東武東上線が南北に縦断し、市民の貴重な交通手段として東京都心部や埼玉県北部地域を結んでいます。

市の中心部である上福岡駅周辺は、かつて東洋一と言われた霞ヶ丘団地の高層住宅をはじめ、多くの住宅や商業施設が集まり、大勢の人が行き交います。

西部に国道254号線、東部にそのバイパスである富士見川越バイパスが並行して走り、交通・物流で重要な役割を果たしています。

ふじみ野市

市の位置

ふじみ野市の位置
都市イメージ

歴史

旧石器時代から人々の生活が始まり、縄文時代には集落があったとされています。

弥生時代には、外敵から集落を守るために、集落の周りを堀で囲んだ環濠があったことが遺跡の発掘で知られています。

奈良時代には早くから鉄が生産されており、古代の製鉄炉が発見されています。

平安時代末期から鎌倉時代初期にかけて武士が出現し、この地周辺は河越氏、仙波氏、大井氏などが支配していました。

戦国時代になると北条氏がこの地の主権を握り、城館が建てられましたが、1590年(天正18年)に豊臣秀吉により北条氏は滅亡し、徳川家康が関東に入国しました。

家康が江戸幕府を開くと、この一帯のほとんどは川越藩が治め、新田開発が行なわれました。

新河岸川では舟運が始まり、農産物や木材などの集積地としてにぎわいました。

また中山道の脇道として川越街道が整備され、大井宿が設置されました。

明治に入ると1889年(明治22年)町村制施行により、いくつかの村々が合併して福岡村と大井村の2つの村が成立しました。

1914年(大正3年)に鉄道が敷かれ上福岡駅が開業したことで、東京へのアクセスが便利になり、近代化が急速に進みました。

昭和に入ると高度成長期にあたる昭和30年代に大型団地である霞ヶ丘団地と上野台団地が続けて建設され、人口が急増しました。

福岡村は1960年(昭和35年)に福岡町となり、さらに1972年(昭和47年)には市制施行で上福岡市となりました。

また大井村は1966年(昭和41年)に大井町となり、2005年(平成17年)に上福岡市と大井町が合併して、ふじみ野市が誕生しました。

市の有名人(出身者)

星野真里・北原佐和子(女優)、太田光(爆笑問題)・新田恵利(タレント)、川村洋介(俳優)、嶋重宣・三澤興一(野球)、嶋田忠(写真家)、長峰由紀(アナウンサー) 等

観光名所・人気スポット

上福岡教会
  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

富めの里「和里スイートポテト」、ふじみ野市サブレー「福岡太鼓」、長宮最中、花小路「焼きかりんとう」

ふじみ野市の不動産情報

ふじみ野市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

ふじみ野市役所の周辺地図

読み込み中・・・

埼玉県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ