賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

千葉市花見川区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

花見川区の賃貸物件検索

千葉市花見川区はどんな街?

千葉市花見川区

全国のご当地へ

千葉市花見川区のタウン情報

花見川区は千葉市の北西部に位置し、区内を縦断するように花見川が流れています。

花見川流域には農地が広がり、野菜を中心とした都市型農業が営まれ、市の農業生産の重要な役割を担っています。

内陸部には、製造業を中心とした工場団地を形成し、新検見川駅や幕張駅周辺には商業施設が集積しています。

幕張駅周辺は、幕張新都心の玄関口として発展しました。

また北部から南部にかけて、大規模な住宅団地が形成されています。

区内には、JR総武線・京成電鉄千葉線・京成電鉄本線が走っており、バス路線が各地区と鉄道駅を結んでいます。

道路網は幕張IC・武石ICや国道14号・国道16号・千葉鎌ヶ谷松戸線・長沼船橋線・穴川天戸線が区民の交通を支えています。

また、区内よりも都心等へ通勤・通学する割合が高く、ベッドタウンとなっています。

花見川区

区の位置

花見川区の位置
都市イメージ

歴史

花見川区には、縄文時代より人が生活していたことを証明する史跡が残されています。

宇那谷み春野公園は、縄文時代の内野第一遺跡の丘を活かした既存樹林のある公園です。

また、犢橋貝塚からは、縄文時代後期を中心にした大型貝塚を伴う集落跡が発見され、国の指定遺跡となっています。

浪花字大久保あたりにある小山は、大久保城の物見櫓があったとされる場所であり、その他にも殿山城、武石城など花見川に沿っていくつかの城があったと推定されています。

明治時代には総武鉄道、大正時代に京成電気軌道が営業したことに伴い、それらの駅を中心に住宅地が広がっていきました。

戦後の日本経済復興をきっかけに、首都圏のベッドタウンとして、花見川団地をはじめとする大規模住宅団地や住宅地の建設が進んでいきました。

昭和26年に東京大学の検見川グラウンド地下から発掘された大賀ハスは、千葉市の花で県の天然記念物にも指定されており、花の都・ちばのシンボルキャラクター「ちはなちゃん」のモデルにもなっています。

川崎町では、鉄道の交通結節点や港湾といった地区の特性を活かした、蘇我新都心の整備が進められています。

上場企業

(株)エイジス

花見川区の不動産情報

花見川区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

花見川区役所の周辺地図

読み込み中・・・

千葉県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ