賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

千葉市緑区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

緑区の賃貸物件検索

千葉市緑区はどんな街?

千葉市緑区

全国のご当地へ

千葉市緑区のタウン情報

緑区は千葉市の東南部に位置し、区民一人当たり都市公園面積が市の中で最も高く、広大な敷地を有する昭和の森があるなど、自然環境に恵まれた地域となっています。

区の中心をJR外房線が通り、それに沿って市街地が点在しています。

JR外房線の北側を中心に酪農・養豚・農業が営まれており、鎌取・誉田・土気地域では、土地苦学整理事業の実施により住宅化が進み、ベッドタウンとして発展しています。

区の南部にある大野台地では、先端技術産業を中心とした研究所や研究開発主導型工場を主体とした土気緑の森工業団地の整備が進められており、次世代の産業育成に貢献しています。

鉄道はJR外房線・京成電鉄千原線が走り、道路では千葉外房有料道路・主要地方道千葉大網線が区民の交通を支えています。

古くから豊かな自然に恵まれた地区には、昭和50年に開園した昭和の森は、東京ドーム約22倍の広さを有し、県内でも有数の規模を誇る総合公園です。

公園の一部が県立九十九里自然公園に指定され、豊かな自然環境が残されており、草花や樹木、野鳥や昆虫など多くの種類の植物や生き物を見ることができます。

緑区

区の位置

緑区の位置
都市イメージ

歴史

緑区大金沢町字六通から、村田川流域北岸で縄文中期から晩期まで存続している唯一の貝塚が発見されています。

1000年以上の歴史がある東光院の前身と言われる寺院跡からは、平安時代までに多く造られたとされる布目瓦が発見されています。

この東光院は、古くは広徳寺と言い、平将門の叔父、千葉氏の祖である平良文の孫、平忠常が建立したと伝えられています。

江戸時代を通じて千葉市域は生実藩の領地であり、代々森川家が藩を治めました。

その陣屋が置かれたのが緑区であり、藩の中心地として栄えました。

鎌取駅南部にあるおゆみ野や土気駅南部のあすみが丘では、昭和50年以降に土地区画整理事業が進められたことにより宅地化が進み、人口の増加や商業施設が集結するようになりました。

観光名所・人気スポット

昭和の森
  • 千葉市観光協会

    千葉市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

上場企業

緑区の不動産情報

緑区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

緑区役所の周辺地図

読み込み中・・・

千葉県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ