賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

成田市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

成田市の賃貸物件検索

成田市はどんな街?

成田市

全国のご当地へ

成田市のタウン情報

千葉県の北部に位置し、南部には日本の空の玄関である成田国際空港が立地されています。

北部の利根川や西部の印旛沼など、水辺の環境に恵まれ、風光明媚な景色が楽しめます。

市域は北総台地の肥沃な土地で、特に根木名川、大須賀川の流域を中心に農耕地帯が形成されています。

北部から東部にかけての丘陵地では工業団地やゴルフ場が点在しています。

中心部には1000年以上の歴史を誇る成田山新勝寺があり、毎年大勢の参拝客が訪れています。

交通面では、JR成田線、成田スカイアクセス、京成本線、東関東自動車道などによって都心部へのアクセスに優れ、観光客や空港利用者を支えています。

空港を中心とした税収が多く、財政面では全国でも有数の豊かさを誇ります。

成田市

市の位置

成田市の位置
都市イメージ

歴史

房総地区最古の石器として、三里塚遺跡から楕円片石器が発見されており、3万年前には人々が住み始めていました。

根木名川や印旛沼東岸では200基を超す古墳が見つかっており、古代はこの地方の中心地であったと考えられています。

7世紀以降は山方、荒海にうまや(駅)が設けられ、交通の要地でした。

940年(天慶3年)、平将門の乱を平定するために成田山新勝寺が建立されました。

以来、成田山は全国に名を馳せる霊場となりました。

鎌倉時代以降は千葉氏の支配を受け、江戸時代は幕府領、旗本領、佐倉藩領、田安家領などが入り組んでいました。

1871年(明治4年)の廃藩置県では印旛郡に属し、その後千葉県に組み込まれます。

1954年(昭和29年)、成田町を含む1町6村が合併して成田市の市制が開始しました。

1966年(昭和41年)、新東京国際空港(現成田国際空港)の設置が決まると、1978年(昭和53年)の開港までの期間に交通網の整備や大型団地の建設が相次ぎ、日本の空の玄関口として大きな変貌を遂げます。

2006年(平成18年)、香取郡の下総町と大栄町を編入して現在の市域となりました。

以後はかつての田園観光都市としての魅力を残しながら、日本の国際交流の拠点としての発展を続けています。

市の有名人(出身者)

木内惣五郎(義民)、三橋鷹女(俳人)、牧野佐二郎(生物学者)、加瀬あつし(漫画家)、唐川侑己(プロ野球選手) 等

日本一

  • 成田国際空港(国際線旅客数・輸出入航空貨物量)

特産品・酒

うなぎ、さつまいも、落花生、米、羊羹、漬物、和菓子、川魚甘露煮、せんべい、一粒丸(胃腸薬)

上場企業

成田市の不動産情報

成田市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

成田市役所の周辺地図

読み込み中・・・

千葉県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ