賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

佐倉市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

佐倉市の賃貸物件検索

佐倉市はどんな街?

佐倉市

全国のご当地へ

佐倉市のタウン情報

千葉県北部、北総台地の中央部に位置しています。

南部の高台から北部の印旛沼にかけて緩やかに傾斜しており、鹿島川や高崎川などの河川が印旛沼へと流れています。

市域の中部から西部にかけては宅地化が進み、北部から東部、南部にかけては緑豊かな農村地帯が広がっています。

JR総武本線・成田線、京成本線、東関東自動車道などアクセスに優れています。

西部には住宅街を縦貫するモノレール・山万ユーカリが丘線が敷設されており、市民の貴重な交通手段として役立っています。

開発研究機関が多く集まる「千葉リサーチパーク」が佐倉市から千葉市にかけて造成されています。

佐倉市

市の位置

佐倉市の位置
都市イメージ

歴史

旧石器時代から人々が生活しており、平安時代には、臼井地区で平氏の一族である臼井氏が台頭して繁栄しました。

鎌倉時代に入ると集落が徐々に拡大し、弥富や和田地区でも白井氏、弥富氏などの豪族が活躍しました。

戦国時代、この地を支配していた千葉氏が現在の酒々井町に本城を構えました。

江戸時代初期、佐倉地区に入った土井氏は、江戸の東方を固める拠点として佐倉城を築城します。

これにより、佐倉地区は城下町として発展していきました。

一方、臼井地区は宿場町として、弥富地区は千葉と江戸を結ぶ街道筋の町としてそれぞれが個性的に発展していきました。

1872年(明治4年)、廃藩置県によって佐倉県、次いで周辺の地域との合併で同年に印旛県に組み込まれます。

その頃、佐倉城は佐倉連隊の兵営地となり、城下町から軍事都市へと変貌を遂げました。

1954年(昭和29年)、それまでの6町村が合併して佐倉市の市制が施行され、その3年後には四街道町の一部が編入されて現在の市域となりました。

昭和40年代は東関東自動車道の佐倉インターチェンジの開通や大型団地の建設により、住宅都市として飛躍的に人口が増加します。

近年は市内の観光資源や文化をPRし、豊かな自然を活かしたまちづくりが進められています。

市の有名人(出身者)

佐藤泰然(佐倉順天堂開設)、堀田正睦(老中)、浅井忠(洋画家)、長嶋茂雄(野球)、小出義雄(マラソン監督)、津田仙(農学者、梅子の父)、藤木直人(俳優)、BUMP OF CHICKEN(歌手)、AMEMIYA(お笑いタレント) 等

日本一

  • 国立歴史民俗博物館
  • 大区画水田(7.5ha)

特産品・酒

和弓用の矢、下総染め、下総竹細工、下総組紐、みそ、やまといも、せんべい、蔵六餅(最中)、落花生銘酒(旭鶴、佐倉城)

佐倉市の不動産情報

佐倉市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

佐倉市役所の周辺地図

読み込み中・・・

千葉県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ