賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

八千代市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

八千代市の賃貸物件検索

八千代市はどんな街?

八千代市

全国のご当地へ

八千代市のタウン情報

千葉県の北西部に位置し、市内には京成本線と京葉高速線の2路線が通っています。

市域には新川が中心部から北部を経由して、西部の印旛沼まで半円を描くように流れており、市民が散策をしたり釣りをしたりと、憩いの場所となっています。

東京都心部まで30キロメートル程の距離のためベッドタウンとしての役割を担い、5つの大規模住宅団地が立地しています。

主に市の南側に形成されている市街地は、緑を活かした開発が進んでいる一方、南東部の村上地区ではナシ栽培などが行なわれ、農地として活用されています。

北部は森林資源が豊かで、ゴルフ場や霊園などが整備されています。

南西部には習志野駐屯部隊の演習場があります。

八千代市

市の位置

八千代市の位置
都市イメージ

歴史

旧石器時代に人々が住み始め、縄文時代初期には住居を造って定住していました。

弥生時代には集落が形成され始め、古墳時代には新川の流域を中心に多くの古墳が築かれました。

平安時代は香取神宮の造営に携わったり、鎌倉時代に島田や真木野などの地域が法華経寺の寺領となるなど、宗教色が強く根付いていました。

江戸時代初期、日光街道の脇街道として佐倉道が開かれると、大和田と萱田に宿場ができ、江戸中期には成田詣での中継地として賑わいました。

1889年(明治22年)、町村制施行によってそれまでの25村を合併し大和田村、睦村、阿蘇村が誕生し、大和田村は3年後に大和田町となりました。

大正から戦後にかけては、京成電鉄の開通や新川の水門の完成で都市基盤が整備されるとともに、いくつかの牧場が遠方から移転されるなどの変貌を遂げました。

1954年(昭和29年)、大和田町と睦村が合併して八千代町の町制が敷かれ、翌年には阿蘇村を編入しました。

その頃より昭和50年代にかけて人口が急増し、各地で大規模住宅団地が建設されました。

1967年(昭和42年)、市制施行によって八千代町が八千代市となりました。

1996年(平成8年)には都心に直結する京葉高速線が開通し、新しい駅の周辺でも都市開発が進められています。

市の有名人(出身者)

岩崎ひろみ(タレント)、篠原一(作家)、飯島茜(ゴルフ) 等

特産品・酒

梨、八千代びな、春夏にんじん、八千代桜

上場企業

(株)地域新聞社

八千代市の不動産情報

八千代市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

八千代市役所の周辺地図

読み込み中・・・

千葉県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ