賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

立川市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

立川市の賃貸物件検索

立川市はどんな街?

立川市

全国のご当地へ

立川市のタウン情報

東京都の中央よりやや西部に位置し、東京都では東京市、八王子市に次いで3番目に市になった都市です。

市域の南部にある立川駅にはJR中央本線、青梅線、南部線が乗り入れ、多摩地域の交通の要衝であるとともに、駅周辺には商業施設やオフィスビルが密集して、市の中心街を形成しています。

また市域の中央を多摩モノレールが南北に通って立川駅と接続しており、北部には西武拝島線が東西に走っています。

市域の中央部には緑豊かな昭和記念公園が広大な面積を有し、北部には武蔵野の面影を残す雑木林、南部には多摩川沿いの緑道など自然とふれあうスポットが多くあります。

市の中央部と東部には陸上自衛隊立川駐屯地があり、「基地の町」のイメージは残っていますが、首都圏の「業務核都市」として位置づけられており、文化や防災、研究・研修など多くの関連施設が集まっています。

立川市

市の位置

立川市の位置
都市イメージ

歴史

縄文時代に集落があったとされ、平安時代には地頭であった立川氏の支配下に置かれました。

1455年(享徳4年)の分倍河原の戦い、1504年(永正元年)の立河原の戦いでは戦場の舞台となりました。

江戸時代になると、玉川上水が完成したことで新田開発が進み、また五日市街道が整備されて各地に村が形成しました。

1889年(明治22年)に町村制施行により立川村と砂川村が成立し、また鉄道が開通したことで、都心との交流も始まりました。

1922年(大正11年)、陸軍の立川飛行場が設置され、翌1923年(大正12年)には、立川村が立川町として町制を施行しました。

1940年に市制を施行して立川市が誕生しました。

戦後は敗戦により立川飛行場が米軍の基地となり、朝鮮戦争やベトナム戦争の出撃拠点となりました。

1977年(昭和52年)に米軍が横田基地に移転したことから立川基地は日本に返還され、現在は陸上自衛隊の駐屯地となった他、昭和記念公園や広域防災基地などにも利用されています。

市の有名人(出身者)

四元奈生美(卓球)、はいだしょうこ(タレント)、アジャ・コング(女子プロレス)、ゲッツ板谷(作家)、水谷豊(俳優) 等

日本一

  • 国営昭和記念公園(有料国営公園入場者数)

特産品・酒

うど「立川こまち」/和菓子「うどパイ・うどせんべい」/カクテル「立川美人」

上場企業

(株)いなげや

立川市の不動産情報

立川市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

立川市役所の周辺地図

読み込み中・・・

東京都のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ