賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

調布市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

調布市の賃貸物件検索

調布市はどんな街?

調布市

全国のご当地へ

調布市のタウン情報

東京都のほぼ中央部に位置し、南部は多摩川を挟んで神奈川県川崎市に接しています。

市の中央部を中央自動車道が東西に走り、調布インターチェンジで国道20号線と接続して、多磨地区の主要な流通拠点となっています。

国道と並行して走る京王線は、都心との重要なアクセスで、市内に8つの駅があります。

中でも調布駅は公共施設や商業施設、オフィスビルなどが集まり、市の中心街を形成しています。

西部は調布基地跡地の開発が進み、JリーグFC東京と東京ヴェルディの本拠地である味の素スタジアムなどがあります。

調布飛行場は、主に都内の離島との空の交通手段として利用されている他、防災や医療などの緊急活動にも使用されています。

調布市

市の位置

調布市の位置
都市イメージ

歴史

市内各所にいくつもの遺跡があることから、旧石器時代から人が居住していたとされています。

弥生時代には野川や仙川周辺で稲作が行なわれており、古墳時代には多くの古墳が築かれました。

平安時代には狛江氏や金子氏がこの地を治め、鎌倉時代に入ると鎌倉幕府の直轄地となっていました。

1537年(天文6年)には上杉朝定が深大寺城を築きますが、後北条氏に滅ぼされて落城しました。

その後徳川家康が江戸幕府を開くと、甲州街道の整備により5つの宿場が置かれ、街道沿いは市が立つなど賑わいを見せました。

1889年(明治22年)に、上石原村と飛田給村などが合併して調布町ができ、また深大寺村と金子村が合併して神代村が成立しました。

1913年(大正2年)に京王線が開通して都心との距離が縮まると、郊外住宅地として注目されるようになり、関東大震災後は、多くの人が移り住み、工場も建ち並ぶようになりました。

1952年(昭和27年)に神代村が町制施行で神代町となり、1955年(昭和30年)に調布町と神代町が合併して調布市となりました。

1960年代には大規模団地が造成されたことで、人口が急増し、都内でも有数の人口増加率を誇る都市に成長しました。

市の有名人(出身者)

近藤勇(新選組局長)、荒木大輔・飯田哲也・川又米利・関川浩一(野球)、布施明(歌手)、高田純次(タレント)、中澤さえ(柔道)、藤丸真世(シンクロナイズドスイミング)、山田海蜂(新体操)、皇風(大相撲)、MEME(ケラケラ) 等

日本一

  • 市庁舎・文化会館たづくり(地方自治体初のESCO事業金賞)
  • 調和小学校(義務教育施設初のPFI)

特産品・酒

深大寺そば、深大寺ビール、調布ビール、深大寺だるまかりんと、調布野菜カレー、赤駒

上場企業

(株)共和電業

調布市の不動産情報

調布市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

調布市役所の周辺地図

読み込み中・・・

東京都のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ