賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

町田市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

町田市の賃貸物件検索

町田市はどんな街?

町田市

全国のご当地へ

町田市のタウン情報

離島を除いた東京都の最南部に位置し、南端は神奈川県横浜市・川崎市・相模原市に接しています。

八王子市に次いで人口が都内で2番目に多く、ベッドタウンとしての歩みから、近郊型の文化都市へと移行しています。

JR横浜線、小田急線、東急田園都市線、京王相模原線と4路線が走る鉄道網は、東京方面、横浜方面へのアクセスに優れています。

JR横浜線と小田急線が交差する町田駅周辺は、大型商業施設や近代的な文化施設も数多く建ち並び、市の中心街を形成しています。

沿線を中心に住宅地が広がり、各駅周辺には高層住宅なども建設されています。

その一方で丘陵がある北部は、昔ながらの里山風景や歴史ある古道などが残され、自然や伝統文化にふれることができます。

住宅地以外にも商業・工業・農業の各産業も根付いており、バランスのとれた産業構造となっています。

また隣接する神奈川県相模原市とともに、町田・相模原首都圏業務核都市の指定を受けています。

町田市

市の位置

町田市の位置
都市イメージ

歴史

縄文時代から人々が定住していたことが、遺跡や出土品からうかがえます。

奈良時代には国府の建造物のために屋根瓦を製造していたことが明らかにされています。

鎌倉時代初期には小山田氏や横山党がこの地を統治し、後に鎌倉街道が南北に整備されて、人や物の流通が盛んになりました。

室町時代には中先代の乱の舞台となり、戦国時代では農地拡大のために町田村の農民が原野を開拓しました。

江戸時代には市域のほとんどが幕府直轄領でしたが、明治時代の幕開けとなった1968年(明治元年)には明治政府の直轄地となり、すぐ神奈川県に移管されました。

1889年(明治22年)には町村制施行で町田村・鶴川村・忠生村・南村・堺村がそれぞれ成立しました。

1893年(明治26年)に東京府へ移管されたあとは、1908年(明治41年)には現在のJR横浜線である横浜鉄道が開通し、原町田駅と相原駅が開業しました。

これにより往来も多くなり、1913年(大正2年)に町制を施行して町田町となりました。

1927年(昭和2年)には小田急線が開業し、交通環境が向上しました。

戦後の1954年(昭和29年)には南村と合併して新たな町田町が成立し、1958年(昭和33年)には町田町と鶴川村・忠生村・堺村が合併して市制を施行し、町田市が誕生しました。

そのあとは大規模住宅の建設などで人口が増加し、1970年(昭和45年)には20万人を突破し、多摩地区の中枢都市として発展しました。

さらに市域各地に鉄道の新たな駅が開業して交通アクセスも向上した他、商業施設も数多く建てられ、都心と同様の賑わいを見せるようになりました。

現在も住宅地としても高い人気を保ち、活気のある都市として常に進化しています。

市の有名人(出身者)

石阪昌孝・村野常右衛門(民権家)、八木重吉(詩人)、中村修(棋士)、北澤豪(サッカー)、大貫亜美(歌手)、北太樹明義(力士)、諏訪内晶子(バイオリニスト) 等

日本一

  • 武相荘
  • 香山園庭園美術館
  • 国際版画美術館
  • 自由民権資料館
  • 動く噴水モニュメント(芹ヶ谷公園)
  • フットパス

特産品・酒

和菓子・洋菓子・米菓(24品目)、味噌・醤油など(5品目)、食肉製品・惣菜・豆腐(7品目)、工芸品(コースター)、ジェラート、ヨーグルト/柿ワイン「禅寺丸」、純米酒「尾根桜」、大賀はす焼酎「太古のめざめ」

上場企業

(株)TBK

町田市の不動産情報

町田市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

町田市役所の周辺地図

読み込み中・・・

東京都のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ