賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

小平市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

小平市の賃貸物件検索

小平市はどんな街?

小平市

全国のご当地へ

小平市のタウン情報

東京都のほぼ中央に位置し、武蔵野台地の上部に当たり、地形は平坦になっています。

市域にはJR武蔵野線、西武国分寺線・西武多摩湖線・西武新宿線・西武拝島線と5つの鉄道路線が走り、都心や近隣都市へのアクセスが便利な交通網となっています。

市域全体は主に住宅街となっていますが、農業・商業・工業も盛んで、特にブルーベリー栽培発祥の地とされ、日本三大産地のひとつに数えられています。

大正時代から学園都市の構想があったことで、市内には6つの大学があり、文教都市としても知られています。

郵便ポストの旧式丸型ポストが市内に37本あり、自治体では日本一の数を誇ります。

小平市

市の位置

小平市の位置
都市イメージ

歴史

武蔵野台地にあり、奈良時代から平安時代までは遺跡により住居跡がありますが、江戸時代までは人が定住しない場所でした。

小平市の歴史が始まるのは江戸時代からで、青梅街道の整備により小川宿が設置されてからとなります。

それまで水利の乏しい地で産業が発達しませんでしたが、1654年(承応3年)には玉川上水が完成したことで、新田開発が行なわれ、集落もできあがっていきました。

明治に入ると1871年(明治4年)の廃藩置県で神奈川県に属し、1889年(明治22年)の町村制促進法では7村が合併して小平村となりました。

1893年(明治26年)には東京府に移管し、翌1894年(明治27年)には西武国分寺線の前身となる川越鉄道が開通し、小川駅が設置されました。

昭和初期には関東大震災後の復興と新たな鉄道の開通で都市開発が進められるとともに、大正時代末期に打ち出された学園都市構想を実現するために宅地開発も行なわれました。

戦後は武蔵野線の開通で人口が増加し、都心のベッドタウンとして新興住宅が相次いで建設されました。

1944年(昭和19年)に小平町に町制を施行し、戦後は工場の進出や大規模団地の建設などで人口が急増しました。

1962年(昭和37年)に市制を施行して小平市が誕生しました。

そのあとも都市整備を進め、歴史と文化が根付いた都市として発展しています。

市の有名人(出身者)

大林素子(バレーボール)、米倉加奈子(バドミントン)、栗山英樹(野球)、小栗旬(俳優) 等

日本一

  • ふれあい下水道館
  • 鈴木遺跡
  • 玉川上水
  • 日本一丸ポスト(高さ2.8m)
  • ブルーベリー栽培発祥の地

特産品・酒

ブルーベリー、梨、ぶどう、うど、花き、こげら饅頭、菓夢果夢・夢ちゃん(ブルーベリー洋菓子)、こだいら丸ポストサブレ、糧うどん/純米吟醸小平(清酒)、小平エール(ブルーベリー使用の発泡酒)、小平ブルーベリーワイン

上場企業

わらべや日洋(株)

小平市の不動産情報

小平市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

小平市役所の周辺地図

読み込み中・・・

東京都のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ