賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

横浜市港北区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

港北区の賃貸物件検索

横浜市港北区はどんな街?

横浜市港北区

全国のご当地へ

横浜市港北区のタウン情報

横浜市の横浜市北東部に位置し、市内における人口・世帯数ともに最も多い地区です。

新横浜駅周辺の小机・新羽を含む南部は、新横浜都心として位置づけられています。

東急東横線の沿線を中心に東部には一戸建ての高級住宅地や商業地が広がっており、横浜線や市営地下鉄沿線といった西部は、浜北ニュータウンや大規模なマンションなどの新興住宅地です。

交通アクセスが良いため、横浜の中心部や東京への通勤・通学としての利用が多くなっています。

新羽・大熊農業専用地区などを中心に農業が行なわれ、ホウレンソウや小松菜などの野菜の生産がされている地域もあります。

首都圏には珍しい程、自然が残っている区でもあります。

港北区

区の位置

港北区の位置
都市イメージ

歴史

江戸時代を過ぎるまでは、農村地帯として発展していました。

明治41年にJR横浜線、大正15年に東急東横線が開通したことで、横浜市の内陸部として、いち早く市街化が始まっています。

昭和初期には、東急東横線の各駅周辺で宅地が開発され、戦後初期から高度経済成長期には、農地や樹林地が宅地開発や工場、倉庫へと転換をしています。

昭和39年に東海道新幹線の開通により新横浜駅ができると、新横浜駅北部地区土地区画整理事業が開始され整備が進められました。

昭和60年には高速鉄道3号線が開通し、平成5年に、さらにあざみ野まで延伸されたことで新横浜北駅と新羽駅が誕生すると、新羽町の準工業地域は住宅化が進んでいきました。

昭和14年に現在の港北区、緑区、青葉区、都筑区を合わせた区域として港北区が誕生しました。

その後、昭和44年に緑区が分区し、平成6年に行政区再編成により区の北西部地域が都筑区に編入され、現在の港北区となっています。

上場企業

コーエーテクモホールディングス(株)

港北区の不動産情報

港北区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

港北区役所の周辺地図

読み込み中・・・

神奈川県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ