賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

川崎市多摩区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

多摩区の賃貸物件検索

川崎市多摩区はどんな街?

川崎市多摩区

全国のご当地へ

川崎市多摩区のタウン情報

多摩区は川崎市の最北端に位置し、北部に多摩川が流れ、南部に多摩丘陵が広がっています。

また、多摩丘陵にある広大な面積を誇る生田緑地など、緑地や農地が多いことも特徴です。

多摩区は、市内7区の中で最も公園緑地面積が高く、自然に恵まれた地区となっています。

登戸・向ヶ丘遊園地区では、登戸土地区画整理事業が進められており、商業・業務の中心地区として発展してきました。

また専修大学・明治大学・日本女子大学が所在していることから、若者が集う街でもあります。

区内には、JR南武線・小田急小田原線・京王相模原線が走り、都心への交通が便利な地区となっています。

また私立玉病院や登戸ペデストリアンデッキ、南北自由道路の整備事業が完了し、登戸行政サービスコーナーが開設するなど、より生活しやすい環境づくりが進められています。

多摩区

区の位置

多摩区の位置
都市イメージ

歴史

多摩区からは、縄文時代の土器や石器類、多量の種子類などが宿河原低地遺跡から発見されています。

近隣の鎮守を担うとされる子之神社の本殿は江戸時代末期に造られ、川崎市重要歴史記念物に指定されました。

御神体は義経の母・常磐御前から授かった矢の根(やじり)とも言われ、1月には歩射の神事「お的祭」が行なわれます。

9月には、神奈川県指定無形民俗文化財である菅の獅子舞が境内で舞いを奉納します。

小沢城は、鎌倉時代の源頼朝の重臣だった稲毛三郎重成の子、小沢小太郎の居城として使われていました。

摩川に面した多摩丘陵の険しい地形を活かして造られた山城で、鎌倉道が通る交通の要衝にあったため、鎌倉時代から戦国時代にかけて合戦の舞台となりました。

現在は緑地公園として、空堀や土塁、物見やぐらなどの跡が残っています。

多摩区の不動産情報

多摩区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

多摩区役所の周辺地図

読み込み中・・・

神奈川県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ