賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

川崎市麻生区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

麻生区の賃貸物件検索

川崎市麻生区はどんな街?

川崎市麻生区

全国のご当地へ

川崎市麻生区のタウン情報

麻生区は川崎市の北西部に位置し、多摩丘陵の一部を占めています。

谷戸川が丘陵に入り込んだ高台と低地、丘陵と谷戸から形成されており、区全体が尾根線に囲まれた地域です。

麻生区は「しんゆり・芸術のまち」づくりを推進しており、芸術・文化関連の施設が多くあることが特徴です。

区の中心は新百合ヶ丘駅で、北側には区役所・市民館・川崎市アートサンターが開設され、南側には商業地帯が広がるなど、商業・業務などの都市機能が集積されています。

また、駅の周辺には、戸建住宅を中心とした市街地が広がっています。

南黒川地区と栗木地区にあるマイコンシティには、エレクトロニクスや先端技術産業に関連した施設が集まり、研究開発の拠点となっています。

一方、農地や山林などが区の4分の1を占め、自然環境にも恵まれています。

麻生区

区の位置

麻生区の位置
都市イメージ

歴史

鎌倉時代に王禅寺の等海上人が発見したとされる「禅寺丸柿」は地域の名産で、麻生区にある柿生の地名の由来となっています。

また麻生区周辺は江戸時代も農業が盛んで、天保期頃からは黒川炭の生産、養蚕も行なわれていました。

人口や人の往来が多い地域であり、昭和2年には、早々と小田急線の柿生駅が開設されています。

昭和40年以降さらに開発が進み、昭和49年に新百合ヶ丘駅が開設されました。

同時期に京王相模若葉台駅、小田急多摩線が開通するなど、地域の中核地として発展しています。

平成16年には、はるひ野駅が開設し、広域交通網の整備により現在の都市基盤が形成されました。

麻生区では現在、「しんゆり・芸術のまち」づくりが進められ、川崎・しんゆり芸術祭・あさお芸術のまちコンサート・KAWASAKIしんゆり映画祭など、多くの芸術文化事業を展開しています。

観光名所・人気スポット

王禅寺
  • 川崎市観光協会

    川崎市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

麻生区の不動産情報

麻生区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

麻生区役所の周辺地図

読み込み中・・・

神奈川県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ