賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

藤沢市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

藤沢市の賃貸物件検索

藤沢市はどんな街?

藤沢市

全国のご当地へ

藤沢市のタウン情報

神奈川県のほぼ中央の南側、相模湾に面した場所に位置し、東西約6.5キロメートル、南北約12キロメートルの細長い地形をしています。

周囲を横浜市、鎌倉市、茅ヶ崎市、大和市、綾瀬市、海老名市、寒川町と、6市1町に囲まれ、おおむね平坦な地形をしています。

首都圏近郊の住宅都市であると同時に、江ノ島海岸を中心に観光資源が豊富なので、大勢の観光客を集めます。

南部には相模湾に突き出る形の陸繋島の江ノ島があり、観光スポットとして有名です。

市内を小田急江ノ島線が縦断し、南部を東海道本線が横断する形で走り、その総合駅である藤沢駅界隈は市の中心街を形成しています。

慶應義塾大学など文教施設も多く、活気のある街並みを形成しています。

商工業都市、農・水産業都市としての色合いも濃く、バランスのとれた都市空間を形成しています。

藤沢市

市の位置

藤沢市の位置
都市イメージ

歴史

縄文時代の遺跡が約150ヵ所で発見されており、古くから広域で人々が生活していました。

江の島は鎌倉時代まで離島でしたが、海底が隆起して現在のように陸続きとなりました。

平安時代後期から鎌倉時代にかけて源氏が台頭し、鎌倉時代末期には幕府と足利軍との戦いの舞台となりました。

戦国時代末期、徳川家康の関東入国に際し、御殿や陣屋が置かれました。

そのあとは東海道の宿場町として、また遊行寺の門前町として発展していきます。

1887年(明治20年)、東海道本線の藤沢駅が、1910年(明治43年)に江の島電鉄が相次いで開通すると近隣都市との交流が盛んになり、多くの製紙工場が建てられたり海水浴場が活況を呈するようになります。

1923年(大正12年)の関東大震災では、4000戸が倒壊する被害に見舞われました。

1940年(昭和15年)に市制施行により藤沢市が誕生しました。

以後相次いで周辺の町村と合併し、1980年(昭和55年)には人口が30万人を突破しました。

近年では農業・工業・商業・観光など様々な魅力を併せ持つ都市として機能しています。

市の有名人(出身者)

大沢啓二(野球)、白井貴子(シンガーソングライター)、中居正広(タレント)、立石諒(競泳) 等

日本一

  • 江の島・湘南海岸の景観
  • 世界一大きい金魚すくいゲーム
  • ビーチバレー発祥の地(鵠沼海岸)
  • ライフセーバー発祥の地(片瀬海岸西浜)

特産品・酒

湘南しらす、湘南たたみいわし、湘南わかめ、湘南はまぐり、藤稔(ぶどう)、梨、湘南野菜、やまゆりポーク、やまゆりビーフ、湘南ナガラミ/藤沢宿自然酒、湘南本鵠沼純米酒、芋焼酎「藤沢日和おこじゅう」

上場企業

元旦ビューティ工業(株)

藤沢市の不動産情報

藤沢市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

藤沢市役所の周辺地図

読み込み中・・・

神奈川県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ