賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

厚木市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

厚木市の賃貸物件検索

厚木市はどんな街?

厚木市

全国のご当地へ

厚木市のタウン情報

神奈川県のほぼ中央、相模川の右岸沿いに広がる場所に位置しています。

地勢は北西部に連なる丹沢山地から南部にかけてゆるやかな傾斜となっており、平野部に市街地が形成されています。

東名高速道路・小田原厚木道路の厚木インターチェンジをはじめ、いくつもの国道が市内で交差しており、県央の交通の要衝となっています。

そうした特性を活かして各地で工業団地や住宅が建設されるなど、都市化が進んでいます。

また北西部では、丘陵地を利用して多くのゴルフ場がある他、温泉や森林公園が整備されるなど、市民の身近なレジャーエリアとして親しまれています。

厚木市

市の位置

厚木市の位置
都市イメージ

歴史

縄文時代の初期には人々が暮らし始め、平安時代には小規模な豪族が割拠する地域でした。

鎌倉時代創世記には愛甲氏と毛利氏、源頼朝の死後は北条氏の支配下となりました。

戦国時代初期、相模国を制覇した北条氏によって荻野宿が置かれ、大勢の人出で賑わいました。

江戸幕府が開府すると幕府の直轄領・旗本領・大名領が配され、36もの村々にはそれぞれ複数の領主が存在するなど不安定な治世を送ります。

しかし、産業面での発達は目覚ましく、特に厚木村周辺は交易の場として貨物があふれる程賑わっていました。

明治維新後、一時は荻野山中県、次いで足柄県となり、1876年(明治9年)に神奈川県に編入されました。

1889年(明治22年)、町村制施行により、厚木町の他11村が成立しました。

1923年(大正12年)の関東大震災では大きな被害を受けましたが、これを機に現在の市域では店舗や街並みを一新し、新たな街づくりが始められました。

1955年(昭和30年)、厚木町と4村が合併して厚木市が誕生しました。

昭和40年代以降は、東名高速道路の厚木インターチェンジが開通するなど、陸上交通の要衝としての地位を高めていきました。

2002年(平成14年)には特例市に指定され、近年では豊かな自然環境と街の賑わいを大切にし、快適で利便性の高い街づくりが進んでいます。

市の有名人(出身者)

榊原郁恵・小泉今日子(タレント)、前田亘輝[TUBE]・吉岡聖恵[いきものがかり](歌手)、和田傅(作家)、石上純也(建築家)、難波孫次郎(彫刻)、多村仁・館山昌平・小宮山慎二・岩崎恭平(野球)、茂庭照幸・永里源気・大儀見優季・永里亜紗乃(サッカー)、菅井円加(バレエ)、斉藤愛璃(ゴルフ) 等

日本一

  • ぼうさいの丘公園

特産品・酒

とん漬、シロコロ、鮎、梨、いちご、ぶどう、かぼす、大豆、トマト、川魚料理、タニシ料理/盛升(清酒)、ゴールドあつぎ(焼酎)、地ビール

上場企業

(株)オーイズミ

厚木市の不動産情報

厚木市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

厚木市役所の周辺地図

読み込み中・・・

神奈川県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ