賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

伊勢原市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

伊勢原市の賃貸物件検索

伊勢原市はどんな街?

伊勢原市

全国のご当地へ

伊勢原市のタウン情報

神奈川県のほぼ中央に位置し、厚木市・秦野市・平塚市に接する、総面積約55平方キロメートルの都市です。

北西部の緑豊かな大山山系から南東部にかけて平野が形成されています。

概ね丘陵部は畑作を中心とした農地、平地は市街地、低地は水田に利用されています。

市街地区域には東西に東名高速道路、国道246号線、小田急小田原線が横断しており、首都圏の近郊都市として優れた交通網を誇ります。

山間部の山林原野は市域の約3分の1にあたり、恵まれた自然環境を活かした市民の憩いのエリアとなっています。

また、大山は古くから信仰を集めている霊峰で、観光客や登山客の人気のスポットとなっています。

伊勢原市

市の位置

伊勢原市の位置
都市イメージ

歴史

2万8000年程前の旧石器時代には、現在の東海大学病院の周辺に人々が暮らしていました。

縄文時代には世界的にも最も古い部類の土器が市域の中央部の三之宮で発見されています。

青森や神津島産の石器や土器が見つかっているなど、遠方との交易も盛んでした。

弥生時代以降も文化の流入は続き、稲作や古墳の建造、仏教の布教などが活発に行なわれました。

鎌倉時代初頭には源頼朝が大山に田畑を寄進するなど安定した治世が行なわれますが、北条氏が政権を握ると各地で権力争いが絶えませんでした。

江戸時代に入ると、3代将軍家光が大山寺に莫大な資金を寄進するなどして大山の知名度がさらに高まり、江戸時代中期には庶民の間で大山参りが流行しました。

1888年(明治21年)の市町村制の公布当時は7町村に編成され、学校や郵便局、商工会などが設けられました。

1923年(大正12年)の関東大震災では多くの死傷者が出ましたが、昭和2年(1827年)に小田急電鉄で東京と結ばれると、めざましい復興を遂げます。

1954年(昭和29年)、岡崎村を除く6町村が合併して伊勢原町が発足し、1971年(昭和46年)には市制施行で伊勢原市が誕生しました。

市の有名人(出身者)

矢口史靖(映画監督)、三遊亭遊吉(落語家) 等

特産品・酒

大山のとうふ、大山こま、弓矢、ぶどう、柿、梨、みかん、しいたけ、きゃらぶき、おおやま菜漬、自然薯/菊勇・伊勢原・阿夫利大山(清酒)、柿ワイン、みかんワイン

上場企業

市光工業(株)

伊勢原市の不動産情報

伊勢原市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

伊勢原市役所の周辺地図

読み込み中・・・

神奈川県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ