賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

新潟市中央区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

中央区の賃貸物件検索

新潟市中央区はどんな街?

新潟市中央区

全国のご当地へ

新潟市中央区のタウン情報

中央区は新潟市の放射状に伸びる交通軸の要になっています。

北部は日本海に面し、中央に信濃川、東に栗ノ木川、西に関屋水路、南に鳥屋野潟を有し、自然に囲まれた地域です。

江戸時代から飛砂対策として行なわれてきた松の植栽により、沿海部には松林が広がっています。

市内8区の中で最小の面積でありながらも人口が最も多い地区でもあります。

また市役所・県庁・官公署も多く所在し、市はもとより県の経済の中心地としても機能しています。

古町・万世・新潟駅周辺は商業施設が集積し、にぎわいをみせています。

区内の交通は北陸道・岩越道・日本海東北道が結節点を擁し、国道7号・8号・116号、県道や市道が中心市街地に向けて整備されています。

鉄道は上越新幹線、新越本線・白新線・越後線が走り、バスは市の中心部や郊外に向けて多様な路線が運行しています。

また、佐渡航路が存在し、水上シャトルバスが運行されています。

中央区

区の位置

中央区の位置
都市イメージ

歴史

日本一の大河である信濃川の河口に位置しているため、古くから港町として栄えてきました。

江戸時代には北前船の寄港地として存在し、北前船で技術が交流し磨き育てられた伝統的工芸品の新潟漆器の生産が有名となっています。

また、安政5年には米英蘭仏露との修好通商条約による開港5港のひとつになるなど発展を遂げてきました。

明治時代に入ると県都となり、県下最大の都市となります。

昭和39年には、新潟国体が開催され、その整備のため、市街地の堀がすべて埋立られました。

平成14年には、新潟県立鳥屋野潟公園新潟スタジアムが2002FIFAワールドカップの開催会場になりました。

また平成20年には主要国際首脳会議の労働大臣会合の開催地になるなど、本州日本海側初の政令指定都市として、国際的な活躍をしています。

上場企業

セコム上信越(株)

中央区の不動産情報

中央区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

中央区役所の周辺地図

読み込み中・・・

新潟県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ