賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

三条市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

三条市の賃貸物件検索

三条市はどんな街?

三条市

全国のご当地へ

三条市のタウン情報

三条市は新潟県のほぼ中央に位置し、市の西側は越後平野、もしくは新潟平野と呼ばれる平野が広がり、東側は山間部となっています。

平野部には、信濃川が流れており、山間部に源流を持つ五十嵐川が信濃川に流れ込んでいます。

平野部では、肥沃な土壌と豊富な信濃川の水を活かして、農業が行われています。

山間部には野趣あふれる豊かな自然が残っています。

三条市では稲作は勿論のこと、野菜・果物も数多く栽培されています。

山間部では、豊かな自然を利用した観光が行なわれています。

また古くから三条では、鍛冶技術が発達してきました。

現在では、その技術を利用した様々な金属加工品が作られています。

近年の市区町村合併により人口が増加した三条市。

その多くの人々の交通を支えているのが、幹線道路と市の西部を走るJR信越本線です。

東三条駅は、市の中心駅として路線バスの発着場ともなっています。

幹線道路は、北陸自動車道をはじめ国道8、289、290号などが整備され、他市へとつながっています。

三条市

市の位置

三条市の位置
都市イメージ

歴史

近年発掘された遺跡により、約2万年前の先土器時代から人がすでに住んでいたことが分かりました。

三条市の下田地域は、新潟県でも遺跡の密集地として知られています。

文献に三条の地域が現れるようになるのは、鎌倉時代に入ってからです。

また日蓮上人の孫弟子、日印が本成寺を創建したのは、鎌倉時代後期のことです。

室町時代は、関東各地で戦が起こった時代ですが、三条の地域を含む越後も戦乱の舞台となりました。

江戸時代に入ると、平安時代に築かれた三条城が、幕府の命により廃城となりました。

三条の重要な産業と発展した鍛冶の技術がこの地に伝わったのも江戸時代のことです。

明治、大正、昭和と時代が進むにつれ、道路・鉄道が整備され、三条鍛冶の伝統を受け継いだ作業工具・金属加工品の産業も発展してきます。

三条市は、昭和九年に市制が施行されました。

2005年(平成17年)には、三条市・栄町・下田村が合併し、現在の三条市が誕生しました。

今後も金属加工業を始めとする地場産業と、農業・観光業がますます発展し、さらに住み良い市となっていくでしょう。

市の有名人(出身者)

岩田正巳・広川操一(日本画家)、広川松五郎(染織図案作家)、堤清六・今井藤七(実業家)、渡辺義雄(写真家)、ジャイアント馬場(プロレス)、小林ハル(瞽女唄伝承者)、鶴巻三郎(紙塑人形作家)、高橋克実・水野久美(俳優)、諸橋轍次(漢学者)、藤島じゅん(漫画家)、酒井高徳(サッカー選手)、金子千尋(プロ野球選手) 等

日本一

  • 観測日食碑(日本初の皆既日食観測)

観光名所・人気スポット

法華宗総本山本成寺
  • 新潟県観光連盟

    新潟県観光連盟の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

作業工具・利器工匠具、六角凧、車麸、植木、コシヒカリ、メロン、梨、ル レクチエ、シャインマスカット、桃、ひこざぇん、笹だんご、千年悠水/福顔、越乃しらさぎ

上場企業

アークランドサカモト(株)

三条市の不動産情報

三条市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

三条市役所の周辺地図

読み込み中・・・

新潟県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ