賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

福井市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

福井市の賃貸物件検索

福井市はどんな街?

福井市

全国のご当地へ

福井市のタウン情報

九頭竜川、足羽川、日野川の扇状地である福井平野の中心を占める都市です。

市制施行は1889年に行なわれました。

江戸時代から福井藩の城下町として発展してきました。

もともと繊維産業が盛んだった町ですが、近年では化学産業や機械産業の工場が増え、臨海部には工業地域が広がっています。

伝統産業として越前和そうろく、福井仏壇、木材加工品などが有名です。

文化面では、市内に残る福井藩主別邸の養浩館庭園、柴田勝家や室町時代の武将・新田義貞の戦没地、そして特別史跡に指定される一乗谷の朝倉氏遺跡などが歴史の趣を感じさせてくれます。

福井市

市の位置

福井市の位置
都市イメージ

歴史

肥沃な扇状地形である福井平野には、古代から農耕が広がって人々が定住しました。

奈良時代から室町時代にかけては、京に近い地理特性から、海の幸や農産物を運ぶ北陸道の要衝として発展していきました。

戦国時代には山間部の一乗谷に居館を構えた朝倉氏のもとで栄えました。

福井市の中心は、もとは北ノ庄と呼ばれ、北ノ庄城は織田信長の家臣・柴田勝家が建造したものです。

勝家が秀吉に滅ぼされると、丹羽、堀、青木の各氏が城主となりますが、江戸時代には徳川家康の次男・結城秀康が城主として入り、以降は松平家の歴代藩主のもとで福井藩となりました。

幕末の頃には名君と呼ばれた松平春嶽の治世で橋本左内、由利公正などの人材も輩出され、産業振興のために織物が奨励されました。

明治以降、羽二重の生産では海外輸出も盛んとなり、その後は人絹の織物業へと続き、1932年には世界最初の人絹取引所が開設されました。

昭和の高度経済成長期からは合成繊維が全国一の産地になると同時に、化学や機械産業も広がりました。

市の有名人(出身者)

朝倉義景(武将)、橋本左内(志士)、岡田啓介(政治家)、南部陽一郎(ノーベル賞受賞物理学者)、藤田良雄(天文学者)、宇野重吉・津田寛治・小木茂光(俳優)、戸田弥生(バイオリン)、津村節子・藤田宜永(作家)、奥むめお(婦人運動家)、伊藤俊也(映画監督)、白川静(中国古代文字文化研究家) 等

日本一

  • 宮ノ下コスモス広苑
  • 足羽川堤防の桜並木
  • カーブミラー生産量
  • カーシート生地生産量
  • 蚊帳生産量
  • 警察セラミック紋章生産量

特産品・酒

羽二重餅、水ようかん、ソースカツ丼、越前ガニ、おろしそば、焼鯖寿司、金福すいか、河内赤かぶら、木田ちそ、越のルビー(トマト)、越前金時(さつまいも)、越前水菜、坊ちゃんかぼちゃ、六条大麦、明里ネギ、新保ナス/雲の井・常山(清酒)

上場企業

福井コンピュータホールディングス株式会社

福井市の不動産情報

福井市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

福井市役所の周辺地図

読み込み中・・・

福井県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ