賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

小諸市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

小諸市の賃貸物件検索

小諸市はどんな街?

小諸市

全国のご当地へ

小諸市のタウン情報

長野県東部にある小諸市は、雄大な浅間山の南斜面に広がり、市の中央部を千曲川が流れる自然豊かな高原都市です。

千曲川から高峰高原まで約1,500メートルの標高差には、四季折々の花々が咲き誇る他、高峰高原付近にある高峰温泉、天狗温泉をはじめ、活火山である浅間山の恵みとも言える温泉が市内にも数多く湧き出ています。

市内を東西に走る国道18号線・141号線が主要道路。

JR八ヶ岳高原線小諸駅周辺に市街地が広がっています。

文化の振興にも力を入れている小諸市は、洋画家の小山敬三や日本画家の白鳥映雪をはじめ、文学者の島崎藤村、俳人の高濱虚子など、多くの文化人を輩出していることでも有名です。

市内には彼らの作品を展示する美術館や記念館が点在し、文化の香りが現代にも息づいています。

小諸市

市の位置

小諸市の位置
都市イメージ

歴史

西近津遺跡から、「美濃国」「郡」と刻印された奈良時代の須恵器が見つかったことから、当時の小諸市に郡役所があり、朝廷と関係が深かったと考えられています。

その後は、中山道、北国街道、甲州街道が交わる交通の要所として城下町が形成され、商業都市として栄えました。

1487年(長享元年)に大井三忠により築城された小諸城は、戦国時代、武田信玄の東信州統括のために使われました。

城郭が市街地より低地にあり、市街地から城内を見渡すことができる造りは全国的にも珍しく、「穴城」「鍋蓋城」という別称があります。

1702年(元禄15年)に牧野康重が藩主に着任して以降は10代にわたってこの地を治めたため、安定した藩政で明治維新を迎えています。

明治時代以降も、経済の中心地として発展し、特に養蚕や製糸業が盛んに行なわれました。

1899年(明治32年)、島崎藤村が英語・国語の教師として赴任しました。

この地で過ごした6年余の間に「雲」「千曲川のスケッチ」「旧主人」などが生まれています。

2006年(平成18年)には、小諸城が日本100名城に選定されました。

市の有名人(出身者)

小山敬三(洋画家)、白鳥映雪(日本画家)、小山田いく・たがみよしひさ(漫画家)、臼田亞浪(俳人)、ハタタケル(作家・ヒーラー)、宮崎惇(小説家)、青木理(ジャーナリスト)、瀧澤美奈子(科学ジャーナリスト)、荻原博子(経済ジャーナリスト) 等

日本一

  • 温泉(泉質数)
  • 高峰高原(天体観測)
  • いちご(いちご生産発祥の地)
  • 小諸八重紅枝垂

観光名所・人気スポット

懐古園(小諸城跡)
  • 小諸市観光協会

    小諸市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

高原野菜(レタス、白菜、キャベツ、ブロッコリー)、果樹(りんご、もも)、そば、白土馬鈴薯、いちご、加工品(味噌、菜種油)、清酒(浅間嶽、姫百合)、ワイン(ソラリスシリーズ)

上場企業

日精エー・エス・ビー機械(株)

小諸市の不動産情報

小諸市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

小諸市役所の周辺地図

読み込み中・・・

長野県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ