賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

駒ヶ根市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

駒ヶ根市の賃貸物件検索

駒ヶ根市はどんな街?

駒ヶ根市

全国のご当地へ

駒ヶ根市のタウン情報

駒ヶ根市は伊那谷の中央部にあり、諏訪湖から流れる天竜川の河岸段丘上に位置します。

街の中心にJR飯田線の駒ヶ根駅があり、市内を走るコミュニティバス「こまちゃんバス」は市街地循環100円で利用できます。

西に中央アルプス、東に南アルプスを眺めることができ、「アルプスがふたつ映えるまち」をキャッチフレーズとしています。

豊かな自然を求めて多くの観光客が訪れるこのエリアで、最も名高い観光スポットが「千畳敷カール」です。

2万年前、氷河期の氷によって削られてできたお椀型の「圏谷」を見下ろすようにロープウェイが通り、7分30秒で標高日本一の駅「千畳敷」へ到着します。

標高2,612mの場所には雲上の別世界が圧巻です。

夏は高山植物、秋は綿の布をまとい、冬から春までは一面の銀世界が堪能できます。

2010年(平成22年)には日経新聞の「紅葉が楽しめるロープウェイ」という企画で、駒ヶ岳ロープウェイが全国1位に選ばれました。

駒ヶ根市

市の位置

駒ヶ根市の位置
都市イメージ

歴史

1310年(延慶3年)ごろ、光前寺で飼われていた早太郎という犬が遠州府中で恐れられていた老いたヒヒを退治し、村に平穏が訪れたという「早太郎伝説」の言い伝えがあります。

駒ヶ根市の歴史の中心とも言える光前寺は、戦国時代には武田信玄、羽柴秀吉などの武将の保護を受け、とくに徳川家からは地方寺院として多くの褒美を与えられ、また学問の寺としても隆盛を極めました。

樹齢数百年の杉の巨木に囲まれた信濃屈指の大寺であり、南信州随一の祈願霊場として今でも広く信仰を集めています。

1922年(大正11年)、地元出身の工学博士・伊藤文四朗の設計により、開拓期のアメリカで発展した近世コロニアル様式を取り入れた駒ヶ根市役所旧庁舎が建築され、話題を集めました。

1982年(昭和57年)には中央自動車道が全線開通し、車で東京まで約3時間、名古屋まで約2時間で結ばれました。

1993年(平成5年)、全都市住み良さランキングで1位に選ばれています。

市の有名人(出身者)

津野祐次(写真家)、田中平八(財界)、芦部信喜(憲法学者)、佐野成宏(テノール歌手)、春風亭愛橋(落語家)、肥野竜也(俳優・モデル) 等

日本一

  • 駒ヶ根青年海外協力隊訓練所
  • 駒ヶ岳ロープウェイ千畳敷駅(日本最高所駅)

特産品・酒

りんご、ごま、菌茸、紬、花き、養命酒、駒ヶ根ソースかつ丼、信濃鶴、地ビール「南信州ビール」

駒ヶ根市の不動産情報

駒ヶ根市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

駒ヶ根市役所の周辺地図

読み込み中・・・

長野県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ