賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

関市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

関市の賃貸物件検索

関市はどんな街?

関市

全国のご当地へ

関市のタウン情報

岐阜県の中南部に位置し、V字型の市域を持ちます。

市域のほとんどが山林で、V字型の付け根に当たる関地域が比較的平坦な地形のため、住宅地や商業地が集まり、市街地を形成しています。

関地域は古くから刃物の生産地として全国的に有名で、現代も地場産業として息づいている他、その伝統的な技術は観光資源にもなっています。

また複数の工業団地を抱え、伝統作業と近代産業がバランス良く活性化し、産業都市として発展を続けています。

産業発展を支える背景には交通網の充実があります。

市内には南北を走る東海北陸自動車道と、東西を走る東海環状自動車道の2本の高速道路が交差し、国道156号線と248号線も合流しているので、県内各地をはじめ名古屋市など大都市圏ともつながり、物流面で恵まれた特性があります。

この他に市民の足となる長良川鉄道が市街地を走っています。

一方、山間部は豊かな自然を活かして、キャンプ場や自然公園などレジャー施設が多く設置され、東海地方を中心に多くの行楽客を集めています。

関市

市の位置

関市の位置
都市イメージ

歴史

美濃路、飛騨路、奥美濃路の交差点に当たることから交通の要衝として発展してきました。

白鳳時代には、美濃国の豪族である毛津氏が弥勒寺を建立し、この地に居を構えたため、行政や文化が発展していきました。

鎌倉時代には、九州の刀匠・元重が関で日本刀を初めて作り、その後も多くの名工を輩出しました。

中でも「関の孫六」は傑出した刀鍛冶で、その作品は多くの武将たちに高く評価されました。

しかし江戸時代になると太平の世が続き、刀の需要も次第に減少。

明治時代には廃刀令が発令されたことで、刀鍛冶は包丁などの刃物へと製造物の転換を余儀なくされました。

明治時代になると洋式文化への移行で、カミソリやはさみなど新しい刃物製品に需要が高まり、再び活況を呈しました。

1950年(昭和25年)に市制施行により関市が誕生しました。

2005年(平成17年)には武儀郡5町村を編入し現在の市域となりました。

同年には東海環状自動車道の美濃関ICと豊田東JCTが開通し、交通網がさらに充実しました。

市の有名人(出身者)

椎名武雄(元日本IBM会長)、広瀬惟然(俳人)、孫六兼元(刀匠)、仙腰a尚(僧侶) 等

日本一

  • 刃物製品出荷額
  • 日本刀拵(日本最大)
  • ロックナイフ(世界最大)
  • 人口重心地(10年国勢調査)

観光名所・人気スポット

板取川 洞戸観光ヤナ
  • 関市観光協会

    関市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

刃物、いちご、キウイフルーツ、ゆず、さといも「円空」、米、川魚、しいたけ、奥美濃古地鶏、高賀の森水、津保茶、つるむらさきうどん/さんやほう

関市の不動産情報

関市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

関市役所の周辺地図

読み込み中・・・

岐阜県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ