賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

土岐市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

土岐市の賃貸物件検索

土岐市はどんな街?

土岐市

全国のご当地へ

土岐市のタウン情報

岐阜県の南東部に位置し、南部は愛知県に隣接しています。

市域の7割は丘陵地となっており、特に南部は山地となっています。

山あいから妻木川、肥田川が北に向かって流れ、市の中央部を横断する土岐川に注いでいます。

この土岐川に沿ってJR中央本線と国道19号線が東西に走り、東濃地区と名古屋都心部を結んでいます。

また、中央自動車道と東海環状自動車道が市の西部の土岐JCTで接続しており、広域交通網の重要な拠点となっています。

公共施設や商業施設は土岐駅周辺に集まっており、市街地を形成しています。

良質な陶磁器用粘土が豊富で、古くから焼き物の産地として発展してきました。

そのため、市域には窯業やセラミックスなどの工場や企業が多くあり、市の経済を支えています。

名古屋への通勤圏であるため、丘陵地の開発が進み、宅地や商業地の造成が進んでいます。

土岐市

市の位置

土岐市の位置
都市イメージ

歴史

美濃国土岐郡として奈良時代から、須恵器の生産が始まり、陶磁器生産の下地が、すでに芽生えました。

平安時代になると荘園開発が進み、鎌倉時代には源頼朝の御家人・土岐光衡(とき みつひら)が土岐郡の地頭として赴任し、東濃一帯を支配しました。

光衡以降も土岐氏はこの地で勢力を維持し、江戸幕府が開かれるまで続きました。

安土桃山時代には美濃焼が脚光を浴び、様々な茶器や食器が作られ、陶器の生産地としての地位を確立しました。

江戸時代に入ると庶民のための日用品が主体となり、明治以降は量産化へと進み、現在の産業基盤が形成されました。

また鉄道が開通したことで、人と物の流れが大きく変化しました。

1955(昭和30)年に、町村合併促進法により土岐津町、下石町、妻木町、駄知町、泉町、鶴里村、曽木村、肥田村の5町3村が合併して市制を施行し、土岐市が成立しました。

これ以降も、陶磁器産業を基幹産業に、東濃地区の中枢都市として歩みを続けています。

市の有名人(出身者)

田中邦衛・酒井敏也(俳優)、楓元夫(ジャーナリスト)、高橋和島(作家)、近藤サト(フリーアナウンサー)、神奈月(タレント)、橋本真也(プロレスラー)、岡嶋昇一(エディオン副社長) 等

日本一

  • 美濃焼
  • 日本一の抹茶茶わん
  • 野外陶彫作品(約100点)

観光名所・人気スポット

崇禅寺
  • 岐阜県観光連盟

    岐阜県観光連盟の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

特産品・酒

美濃焼、竹皮羊羹/千古乃岩

土岐市の不動産情報

土岐市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

土岐市役所の周辺地図

読み込み中・・・

岐阜県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ