賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

可児郡御嵩町のタウン情報/ご当地あれこれ検索

可児郡御嵩町の賃貸物件検索

可児郡御嵩町はどんな街?

可児郡御嵩町

全国のご当地へ

可児郡御嵩町のタウン情報

御嵩町は岐阜県中南部の濃尾平野に位置し、可児市や瑞波市、土岐市などに隣接しています。

町内には御嵩富士とも称される高尾峯がそびえ、周囲には檜林が広がっています。

また、木曽川水系の一級河川である可児川が流れるなど、豊かな自然に恵まれ、四季を通じて様々な景色が楽しめます。

中でも、東海自然歩道に沿って整備されている「みたけの森」では春はツツジやヤマザクラ、夏はササユリやショウブ、秋は紅葉などが見頃となり、町民だけでなく多くの観光客も訪れます。

明治の初期から亜炭の一大産地となり炭鉱の町として栄えた御嵩町でしたが、昭和40年代にすべての炭鉱が閉山。

そのあとの主要産業は、工業へと移り、工業団地が建設されました。

平芝地区や南山地区の工業団地では、主に自動車関連企業が工場を操業しています。

町内を走る鉄道路線は名鉄広見線で御嵩駅、御嵩口駅、顔戸駅が所在します。

また、各所は町が運営するふれあいバスによって結ばれており、可児市のコミュニティーバスが町内に乗り入れています。

高速道路は東海環状自動車道の可児御嵩インターチェンジが最寄りで、その他に国道21号などが通っています。

可児郡御嵩町

町の位置

可児郡御嵩町の位置
都市イメージ

歴史

御嵩町の金ヶ崎遺跡から弥生時代の墓や住居跡が発見されていることから、古代より人々が生活を営んでいたことが分かります。

古墳時代に造られた東寺山古墳は、岐阜県内で唯一の前方後方墳と考えられており、その頃には大きな影響力を持つ豪族がこの地を治めていました。

平安時代には、蟹薬師として多くの信仰を集める大寺山願興寺が創建されたと伝えられています。

この寺の本堂は今から約400年前に再建され、国の重要文化財となっています。

また上恵土城跡からは鎌倉時代の城跡や集落跡が確認され、武士たちの生活の場所であったと考えられています。

江戸時代に入ると中山道の御嶽宿や伏見宿として繁栄し、今も残る商家竹屋や本陣野呂家の建築に当時の面影を見ることができます。

1955年(昭和30年)には、御嵩町、伏見町、中町、上之郷村が合併し、現在の町域になりました。

御嵩町では、豊かな自然と中山道に感じる歴史の息づかいを活かした、心安らぐ町づくりに取り組みんでいます。

観光名所・人気スポット

耳神社
  • 可児郡御嵩町観光協会

    可児郡御嵩町観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

可児郡御嵩町の不動産情報

可児郡御嵩町のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

可児郡御嵩町役場の周辺地図

読み込み中・・・

岐阜県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ