賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

静岡市駿河区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

駿河区の賃貸物件検索

静岡市駿河区はどんな街?

静岡市駿河区

全国のご当地へ

静岡市駿河区のタウン情報

駿河区には、JR東日本の東海道本線と新幹線の静岡駅、国道1号線や東名高速道路の静岡インターチェンジという交通の要衝があり、また区内のほとんどが平地のため、多くの工場や商業施設があります。

さらに葵区の中心部と接しているため、ベッドタウンとして住宅地の開発も進んでいます。

ただし、駿河区役所近くの登呂遺跡周辺は、弥生時代後期の農耕文化を伝える特別な史跡であるため特別に整備され、住居と高床式倉庫など歴史的遺産が復元されています。

また併設されている登呂博物館では、遺跡から出土した農具・土器などが展示されています。

一方農業も盛んで、太平洋に面する丸子川下流域では都市近郊型の農業が行なわれています。

駿河区

区の位置

駿河区の位置
都市イメージ

歴史

阿部川の下流域に位置する駿河区は、弥生時代から人が住み、登呂遺跡にみられるような農耕が行なわれていました。

その後、推古天皇の時代には、久能寺が建立され領民の信仰を集めました。

武田信玄が、駿府に進出した際には、重要な戦略拠点として久能寺は矢部(清水区)に移され久能城が築かれました。

同じように徳川家康も重要拠点として守備し、家康の遺言によってその亡骸が葬られた程です。

江戸時代中期以降は、軍事より経済が重要視され、拠点の守備という観点より物流に便利な平野部や港の開発が進み、東海道沿いの江尻のような宿場などが栄えました。

明治維新後は、さらに道路網が整備され、開発は駿府城を中心とした国道1号線沿線へと広がっていきます。

その後道路網は、産業館西通りや石田街道のように太平洋沿岸へと広がり、それに伴って区の人口は増加しました。

近年は、開発とともに住環境の充実が図られ、広野海浜公園をはじめとする公園の整備や下水道などのインフラにも重点が置かれるようになりました。

上場企業

静岡瓦斯(株)

駿河区の不動産情報

駿河区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

駿河区役所の周辺地図

読み込み中・・・

静岡県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ