賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

浜松市中区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

中区の賃貸物件検索

浜松市中区はどんな街?

浜松市中区

全国のご当地へ

浜松市中区のタウン情報

中区には、浜松市の中央玄関口であるJR東日本の浜松駅や新幹線の新浜松駅をはじめ、浜松市の行政や経済活動の都市機能が集中しています。

道路網は、JR浜松駅を経由しながら国道150号、国道152号、国道257号をはじめとする主要幹線が放射状に伸び、通称「赤電」の愛称で親しまれている遠州鉄道が、浜松駅から浜北方面に運行しています。

経済面ばかりでなく静岡大学や浜松学院大学、アクトシティ浜松や浜松市美術館などの文化教育施設も充実しています。

また浜松城・浜松城公園や花川運動公園など住民の憩いの場として自然環境もバランスよく整備されています。

さらに陸上競技場や浜松球場などのスポーツ施設も整備され、全体として住民生活の調和が計られた魅力的な都市空間を形成していると言えます。

中区

区の位置

中区の位置
都市イメージ

歴史

蜆塚遺跡の調査によって、縄文時代後期には中区蜆塚に人々が住み始めたと考えられています。

200年頃には、中区の伊場地区で稲作が始まりました。

この区域の歴史は、浜松城の歴史と共に大きく動きました。

今川氏が築城した浜松城はその盛衰を見届け、戦国時代には武田信玄と徳川家康の攻防の舞台にもなりました。

城の主が入れ替わる中、元亀元年(1570年)徳川家康が城主となります。

江戸時代には徳川家譜代大名が城主となりましたが、明治維新後の廃藩置県によって廃城となり破壊されました。

その後城址は太平洋戦争中の昭和20年(1945年)に焼失しましたが、昭和33年(1958年)に鉄筋コンクリート製の天守が再建され、昭和34年(1959年)には浜松市の史跡に指定されました。

天守閣は資料館として使われ、徳川家康を始め当時の歴史を語る資料の見学ができます。

浜松城は、浜松のランドマークとしての役割を今でも果たし、浜松市役所や市立美術館、市立中央図書館などが周辺に建設されています。

また浜松城公園は、桜の名所として市民に親しまれています。

観光名所・人気スポット

浜松城
  • 浜松市観光協会

    浜松市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

上場企業

ヤマハ(株)

中区の不動産情報

中区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

中区役所の周辺地図

読み込み中・・・

静岡県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ