賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

浜松市西区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

西区の賃貸物件検索

浜松市西区はどんな街?

浜松市西区

全国のご当地へ

浜松市西区のタウン情報

西区は、商業や行政の拠点地区である中区と東側で接し、西側には、日本有数の観光地である浜名湖と面する特色を持った区と言えます。

交通網では、区の南側にJR浜松駅の直近の駅になる舞阪駅があり、国道1号線が東海道本線と並び、東名高速道路の浜松インターチェンジ方面へつながっています。

このような交通の利便性に伴い、志都呂・堀出前地区を中心に商業地区として目覚しい発展を遂げています。

一方農業も盛んで、神久呂地区のセロリをはじめ庄内地区のガーベラなどの花卉栽培や篠原地区のたまねぎ生産は、全国でも有数の生産地です。

また全国ブランドである浜名湖のうなぎ養殖、とらふぐやしらすなどの水揚げを含む水産業も盛んに行なわれています。

西区

区の位置

西区の位置
都市イメージ

歴史

約5,000年前に縄文時代の人々が、集団で舞阪弁天島、新居、村櫛付近に暮らしていたようです。

明応7年(1498年)明応東海地震と津波により浜名湖の沿岸部に開口部ができ、同時に弁天島も出現しました。

対岸となった新居宿とは、渡船での移動が必要となりました。

区域内の舞坂宿側に開かれた今切渡し渡船場は、寛文元年(1661年)に階段状になっている船着き場として整備されました。

東海道の江戸側から数えて30番目の宿場だった舞阪宿は、今切渡しが整備され往来の客が立ち寄りにぎやかになったようです。

本陣や脇本陣も設けられ、参勤交代の大名も宿泊しました。

現在でもこの区域には、JR東海道や東海道新幹線、国道1号線や浜名バイパスが通り、近代交通網の要衝としての働きを担っています。

今では舞阪宿の松並木や脇本陣の遺構、今切渡船場跡の北雁木がかつての往来の名残りとして、その姿を留めています。

上場企業

西区の不動産情報

西区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

西区役所の周辺地図

読み込み中・・・

静岡県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ