賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

浜松市浜北区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

浜北区の賃貸物件検索

浜松市浜北区はどんな街?

浜松市浜北区

全国のご当地へ

浜松市浜北区のタウン情報

浜北区は、浜松市のほぼ中央に位置し、東端には天竜川が流れ、川を挟んで磐田市と隣接しています。

北西部は、赤石連峰に続く山地で、麓の平野部では、柿や梨などの果樹栽培と植木産業が盛んです。

市街地は、南北に延びる遠州鉄道の沿線を中心に広がっています。

この路線は、市の中心部へのアクセスが良いため、浜北区は、副都心として整備が進みつつあります。

さらに浜松テクノポリスの中核として「第二東名高速道路の浜北インターチェンジ周辺整備」や「浜北新都市開発」など大規模な開発事業も推進されています。

この地域の都市化は近年急速に進みつつありますが、自然豊かな里山の風景を残すため、美薗中央公園や万葉の森公園、県立森林公園などの公園施設を充実する計画も平行して進められています。

また全国的にも有名な浜北人骨が発掘された根堅遺跡をはじめ、北浜の大カヤノキなど多くの文化財が多く存在することもこの区の特徴です。

浜北区

区の位置

浜北区の位置
都市イメージ

歴史

根堅の岩水寺石灰採石場で発見された浜北人骨の発見によって、旧石器時代に浜北区の北部を中心とした地域で狩猟や木の実などの採集生活が行なわれていたことは明らかになっています。

また弥生時代・古墳時代の集落跡が新原の東原遺跡から発見されたことで、その後も人々がこの区域に定住していたようです。

また内野地区からは、古墳時代の前期に建造された赤門上古墳から三角縁四神四獣鏡が発見されたことで、有力な豪族がこの地域を支配していたことが窺えます。

平安時代初期の神亀2年(725年)には、行基によって岩水寺が建立されたと伝えられています。

江戸時代には、三方ヶ原の戦いの死者の霊を慰めることが起源となった遠州大念仏が、浜北区や周辺地域で広がったと伝えられています。

(浜松市の無形民俗文化財に指定)

明治以降は町村が合併を繰り返し、平成17年(2005年)浜北地域自治区が設置されます。

そして平成19年(2007年)浜松市が政令指定都市となったことで、浜北地域自治区全域が浜北区となります。

旧浜北市役所を区役所として使用することになりました。

観光名所・人気スポット

不動寺
  • 浜松市観光協会

    浜松市観光協会の情報をご覧頂けます。

  • 観光施設を検索

    ホームメイト・リサーチで、日本全国の観光施設を無料で検索することができます。

  • 地図から検索
  • ピカ写メから検索

浜北区の不動産情報

浜北区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

浜北区役所の周辺地図

読み込み中・・・

静岡県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ