賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

静岡市のタウン情報/ご当地あれこれ検索

静岡県の賃貸物件検索

静岡市はどんな街?

静岡市

全国のご当地へ

静岡市のタウン情報

静岡県のほぼ中央部・静岡平野に位置し、1889年に市制施行し、2005年には3つの行政区を持った政令指定都市に移行しました。

駿河湾を望む豊かな景観をはじめ、多くの自然と文化遺産に恵まれ、他都市からの多くの観光客が訪れます。

また、冬でも過ごしやすい温暖な気候により、石垣イチゴなど野菜の生産も盛んです。

伝統工業も多く、和洋家具から生活用品まで多様な生産地として工場も多くあります。

新幹線、高速道路が横断する首都圏と中部、関西圏を結ぶ流通都市としての側面もあります。

静岡市

市の花

タチアオイ

市の木

ハナミズキ

市の鳥

カワセミ

国際友好・姉妹都市

ストックトン市(アメリカ)、オマハ市(アメリカ)、シェルビービル市(アメリカ)、カンヌ市(フランス)、フエ市(ベトナム)

市の位置

静岡市の位置

行政区(法令指定都市)

葵区駿河区清水区

歴史

登呂遺跡によって古代の農耕生活が確認されており、古い歴史を持っています。

奈良時代には万葉集に「阿倍の市」が詠まれ、国府の重要な施設(国衙)が置かれて繁栄しました。

これに賤機山の麓に平安時代に神社が建てられ、門前町として発展した地区が加わり、駿府として地方自治の機能が整備されました。

戦国時代には守護としてこの地に入った今川氏の領地となり、今川義元の代になると支配3領地(駿河、遠江、東三河)の中心地として発展しました。

さらに徳川家康が駿府に居城を構え、将軍を秀忠に譲った後も隠棲の地を駿府にしたことから、城下町としての基盤を確立しました。

東海道の整備も大きな効果をもたらし、東西の人の流れや物流で活気を帯び、伝統工芸などの物づくりも多く吸収しました。

明治維新が起こると所領を削られた徳川宗家が駿府に入りましたが、新政府に恭順を表すために地名を静岡に改めました。

1872年に静岡県庁が設置されたことで地方自治の中心となり、昭和に入ると人口の増加によって急成長しました。

2005年には清水市との合併により、規模が拡大されました。

市の有名人(出身者)

村松友視・瀬名秀明(作家)、竹内宏・伊藤元重(経済学)、三浦知良(サッカー)、星野一義・高木虎之介(レーサー)、さくらももこ(漫画家)、柴田恭兵(俳優)、久保田利伸(歌手)、春風亭昇太(落語家)、森理世(ミスユニバース)、見城徹(幻冬舎社長)、齋藤孝(明大教授) 等

日本一

  • わさび栽培・やぶきた茶・石垣いちご栽培発祥の地

農業・水産業

静岡市の農業・水産業

静岡市は全国有数の茶産地であり、「静岡本山茶」や「清水のお茶」など、地域ブランドの茶が豊富に生産されている他、全国から茶を集めて加工し、全国へ出荷する茶の集散地でもあります。茶の生産は安倍川流域や安倍奥、藁科川流域、日本平山麓などのエリアを中心に盛んです。静岡茶の歴史は鎌倉時代にまでさかのぼり、高僧であった聖一国師が宋(中国)から帰国した際に、持ち帰ってきた茶の種を足久保(現在の葵区)に蒔いたのが始まりでした。以降、茶の輸出により"茶のまち"として親しまれ、現在も受け継がれています。静岡市は茶の伝統や歴史、文化、産業などを国内外にも発信し、理解を深めるため、11月1日が聖一国師の誕生日だったことにちなんで11月1日を「お茶の日」として制定。毎年この日には市内各地で、静岡茶の紹介や販売などのイベントが開催されています。

水産業においては、静岡市内にある用宗と由比に2つの漁港があります。静岡市清水区蒲原から駿河区石部の沿岸地域のことを「しずまえ」と言い、シラスやサクラエビ、マダイやサバ、アジなど豊富な魚が獲れ、ここで獲れた魚類は「しずまえ鮮魚」と呼ばれます。現在は、水産資源をブランド化するため、PR活動に取り組んでいます。

工業・産業

静岡市の工業・産業

徳川家光公の時代に浅間神社(静岡市・葵区)を造営するため、全国各地から宮大工や左官、建具織、飾り職、塗り師など職人が集められました。その職人たちが定住するようになり、地域の人々に技術を伝えてきたのが地場産業の始まりです。その中でも、静岡市は面積の約7割を森林が占めているため、木を中心とした地場産業が発達。静岡市が誇る地場産業として、木製家具や仏壇、サンダル、プラモデルなどがあります。プラモデルは全国1位の生産量を誇り、世界的にも有名です。昭和初期にヒノキや竹ひごで飛行機の模型を作っていたことが始まりで、第二次世界大戦後には木製の飛行機や船などの模型が作られるようになり、以降、プラスチック製で模型が作られ、現在のプラモデル産業として発展していきました。

また、地場産業だけでなく伝統工芸品も数多くあります。静岡県には経済産業大臣指定の「伝統的工芸品」が3品と静岡県知事指定の「郷土工芸品」が19品あります。そのうち経済産業大臣指定の「伝統的工芸品」は、「駿河雛具」と「駿河雛人形」、「駿河竹千筋細工」であり、これらはすべて静岡市が産地です。

特産品・酒

木製家具、仏壇、駿河雛人形、駿河漆器、駿河竹千筋細工、駿河指物、静岡挽物、サンダル、プラモデル、茶、みかん、いちご、わさび/正雪

上場企業

(株)村上開明堂

静岡市の不動産情報

静岡市のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

静岡市役所の周辺地図

読み込み中・・・

静岡県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ