賃貸のことならホームメイトの全国不動産ネットワーク

名古屋市中区のタウン情報/ご当地あれこれ検索

中区の賃貸物件検索

名古屋市中区はどんな街?

名古屋市中区

全国のご当地へ

名古屋市中区のタウン情報

名古屋市の中央部にあり、市役所、愛知県庁をはじめ中部地方を統括する国の出先機関も多くあり、名古屋だけでなく中部圏全体にとっても重要な役割を担っているのが中区です。

中区の北部にある名古屋城は、名古屋のシンボルとして全国的に有名な観光スポット。

この名古屋城を取り囲むように官庁街が形成され、さらにオフィス街が市の中心まで広がっています。

その他、中区には「栄地区」「大須観音周辺」「金山地区」と特徴を持った地域があります。

栄地区は、市内を代表する大規模な百貨店や複合ショッピングビルなど数多くの商業施設が集中するエリア。

休日にはショッピングを楽しむ人々で大変な賑わいとなります。

大須観音周辺は、中区の南部に位置し、昔ながらの風情を残しつつ若者の文化や娯楽の発信地として、時代とともに様々な変化を見せる個性的なエリアです。

最南部にある金山地区は副都心としての機能を持ち、JR東海道本線、中央線、名鉄、地下鉄が乗り入れる金山総合駅は人の往来が激しく、商業施設も充実しています。

また、丸の内・錦一帯の繊維問屋街や大須の仏壇・家具、堀川沿いの木材業など昔から名古屋の経済を支えてきた伝統産業が現在も健在で、現代的都市機能と共存しているのが特徴です。

中区

区の位置

中区の位置
都市イメージ

歴史

尾張徳川家は御三家のひとつであったため、城下町は繁栄著しい地域でした。

時代の流れとともに由緒ある町名は消えていきましたが、本町通りや丸の内などは今でもその名を残しているものもあります。

1889年に名古屋市が市制を施行した当時の市域は、現在の中区と東区が中心となっており、1908年に行政区を設置した際にも中区は中心的な区域でした。

1937年に10区制を施行すると中区の一部が中村区、昭和区、熱田区などに分離。

1944年には、さらに中区から分離して栄区を新設しましたが、翌1945年には栄区を廃し、再び中区に統合されます。

この時代は戦時下にあり、中区の市街地は大空襲を受け、名古屋城も焼失しました。

戦後の復興はめざましく、栄地区には100メートル道路を設置や、地下鉄が開業するなど、次第に都心機能を取り戻し、現在まで名古屋市の中枢を担う区として発展を続けています。

上場企業

(株)アルペン

中区の不動産情報

中区のアパートや賃貸マンションの物件検索やオススメ情報はこちら!

中区役所の周辺地図

読み込み中・・・

愛知県のご当地あれこれ検索

詳細を表示する
ページトップへ